アウディ、サーキットと公道の両方でディーゼル車の新記録を樹立!
Related Gallery:Audi RS5 TDI Competition Concept: Sachsenring Record

Related Gallery:Audi A6 TDI Ultra: Mileage Record

エンジンだけでなく、現在は新しい合成燃料「e-diesel」の開発も手掛けるなど、ディーゼルの推進を支持していることで知られるアウディが、最近ヨーロッパで2つの記録を樹立した。

まず1つ目は、昨年発表されたアウディ「RS5 TDI コンセプト」が、ドイツのザクセンリンクで1分35秒35というラップタイムを記録し、同コースにおけるディーゼル車のコースレコードを1.87秒も更新したというもの。市販されているRS5には、4.2リッターのV8ガソリン・エンジンが搭載されているが、このコンセプトカーは2基のターボチャージャーと電気式スーパーチャージャーを備える3.0リッターV6ディーゼル・エンジンに換装されている。当初、このエンジンは最高出力385hpと最大トルク76.5kgmを発生すると伝えられていたが、アウディはさらに1年間掛けてこのプロトタイプの開発を進めており、今回の新しいコンペティション仕様車では最高出力435hp、最大トルク81.6kgmに高められている。さらに重いディーゼル・エンジンを積むにも拘わらず、ガソリン・エンジンの市販モデルより241kgの軽量化に成功したそうだ。これが前回のホッケンハイムに続き、このザクセンリンクでもディーゼル・エンジン搭載車の最速記録につながった。


同じ頃、同社の別チームがオランダのマーストリヒトからアウディ「A6 TDI Ultra」に乗り込んで出発し、28時間の連続走行で14ヶ国を通り抜け、合計で1,158.9マイル(約1,865km)を給油なしで走破。見事、ギネスブックの世界記録に認定された。このクルマはまったく改造されていない市販車と同じ状態で、自動車評論家のアンドリュー・フランケル氏とレーシング・ドライバーのレベッカ・ジャクソン氏が交代で運転したという。その間の平均燃費は75.9mpg(約32.27kh/L)と、公式発表されている67mpg(約28.5km/L)を大きく上回る結果となった。2人はオランダを出発し、ベルギー、ルクセンブルク、フランス、スイス、リヒテンシュタイン、オーストリア、ドイツ、イタリア、スロヴェニア、クロアチア、ボスニア、セルビアを通り、最後はハンガリーに到着した。もっと詳しく知りたい方は、プレスリリース(英語)をどうぞ。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】アウディの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!