日産は6月15日、株式会社円谷プロダクション製作の新TVシリーズである『ウルトラマンX』(ウルトラマンエックス)に車両協賛すると発表した。

Related Gallery:2015 Nissan Ultraman EV


シリーズ前作『ウルトラマンギンガS』でも劇用車として活躍した、100%電気自動車「リーフ」と100%電気商用自動車「e-NV200」に 加え、新たに100%電気トラック「e-NT400テストトラック」をベースに、円谷プロダクションがデザインした特別仕様車3台が劇中に登場する予定だ。


ストーリーの中では、電力供給システム「LEAF to Home」など電気自動車の特徴を取り上げた演出を行い、作品内で重要なサポート役を果たしているとのことだ。

昨年の『ウルトラマンギンガS』では放送と同時に、販売店や商業施設での劇中車の展示、ウルトラマンによる電気自動車の解説を行うWebページの設置など、子どもを含めより幅広く電気自動車の啓発を促す活動が行われており、今年も、7月14日からスタートする『ウルトラマンX』の放送に向けて、販売店や商業施設での販売促進イベント、そして各種Webツールを通して、本プロモーションを展開していくという。

なお、6月18日から6月21日までの4日間、「東京ビッグサイト」で開催される「東京おもちゃショー2015」において、「日産リーフ」の本特別仕様車の展示も行われるので、実車を見たい人は一般入場日に行ってみるとよいだろう。


また、日産自動車と円谷プロダクションは、共同プロモーション活動を海外にも拡大する。

その第一弾として7月より、ウルトラマンの人気が高く、既に「e-NV200」を販売している香港にて活動が開始されるとのことだ。

EVのラインナップ拡大が一段落しているので、ガンダムを展開した「MS-186H-CA シャア専用オーリス」のように、ウルトラマン仕様のリーフの販売なども期待したい。

ウルトラマンX公式サイト:
http://m-78.jp/x/