メルセデス・ベンツ日本(以下、MBJ)は18日、「CLAシューティングブレーク」を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて同日より注文受付を開始した。360万円からの価格を実現し、発売は6月下旬を予定。

CLAは、スポーティさとダイナミックさが際立つスタイリッシュなフォルムが最大の特長の4ドアクーペだが、「CLAシューティングブレーク」は、そのスタイリッシュなフォルムに「高い利便性」を融合した、CLAの新たなモデルとなる。

Related Gallery:Mercedes Benz CLA Shooting Brake Japan 18 June 2015


「シューティングブレーク」という名称は、1960年代にイギリスの貴族が、クーペスタイルの乗用車に余暇を楽しむ道具を収納する広いラゲッジスペースを設定した車両を「シューティングブレーク」と呼んだことに由来しているとのことで、「CLA シューティングブレーク」は、このコンセプトを踏襲し、スタイリッシュなクーペデザインと現代の多様なライフスタイルに対応する高い利便性を兼ね備えているという。


エクステリアは、ルーフラインとサイドの3本のキャラクターラインが生む流麗なスタイリングが最大の特長とのこと。ルーフラインをリアエンドまで緩やかな曲線を描くように伸ばすことによって、スタイリッシュなフォルムを維持しながらも、後席にステーションワゴン(「Cクラス」 ステーションワゴンとの社内比較)並みの十分な室内空間を与えたということだ。また、後席のヘッドクリアランスは4ドアクーペのCLAより42mm(社内参考値)拡大されている。

Mercedes-Benz Classic MediaMercedes-Benz Classic MediaMercedes-Benz Classic Media
ラゲッジルームは、同セグメント(欧州委員会の乗用車分類概念に基づいたDセグメント)のステーションワゴンと比べて、トップレベルの積載性を備えるとのこと。通常時で495リッター(社内参考値:VDA方式)を確保し、さらに後席バックレストを倒せば最大1,354リッター(社内参考値:VDA方式)まで拡大できるという。

Mercedes-Benz Classic Media
そして、ワンタッチ操作でテールゲートが自動開閉し、開口角度も調整できる「EASY-PACK自動開閉テールゲート(CLA 180 Shooting Brakeを除く全車に標準装備)」も備え、あわせて、大きく開くテールゲート、張り出しの少ないフラットな形状、後席バックレストを2:1の比率で前方に倒せる分割可倒機構により、乗員数や荷物の形、大きさに合わせた幅広い使い分けが可能。

さらに、セグメントトップレベルの5.1m(社内参考値)の最小回転半径と1,800mm以下の全幅(1,780mm:社内参考値)により取り回しにも優れ、道幅の狭い道路や駐車場でも安心して運転できるとのことだ。

また、後席の居住性とラゲッジスペースを確保しながらCd値0.26(社内参考値)を実現し、燃費向上、風切り音の低減、高速安定性に貢献してる。

CLAシューティングブレークにも、メルセデス・ベンツの基本価値である「セーフティ&コンフォート」を体現する最新鋭の装備を搭載している。

・自動緊急ブレーキで追突を回避または被害軽減を効果的にサポートする「CPAプラス:緊急ブレーキ機能」(約7km/h以上で作動。静止した障害物に対しては約7-50km/hの範囲で作動。全車に標準装備)
・長時間走行時のドライバーの疲労や眠気を70以上のパラメーターで検知して注意を促す「アテンションアシスト」(60-200km/hの範囲で作動。全車に標準装備)
・車間距離を適切に維持するとともに、先行車が停止した場合は減速して停止する渋滞追従機能を備えた「ディストロニック・プラス(0-200km/hの範囲で作動)」や、ドアミラーの死角範囲をレーダーによってモニターして危険性を警告する「ブラインドスポットアシスト(約30-250km/hの範囲で作動)」などを含む先進の安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」
・「パーキングアシストリアビューカメラ」(全車に標準装備)
・自動操舵機能により、シフト、ブレーキ、アクセルの操作だけで縦列駐車と並列駐車の両方をアシストする「アクティブパーキングアシスト」(CLA 180シューティングブレークを除く全モデルに標準装備)

高い安全性と快適性を実現し、安全に駐車するサポートも万全とのことだ。

ラインアップは、1.6リッター直列4気筒BlueDIRECTターボエンジンを搭載した「CLA 180 Shooting Brake」、「CLA 180 Shooting Brake Sports」、2.0リッター直列4気筒BlueDIRECTターボエンジンを搭載した「CLA 250Shooting Brake」。


そして、CLAとして初めてとなる、Mercedes-AMGが開発の初期段階から携わった「CLA 250 SPORT 4MATIC Shooting Brake」を設定。ちなみに「SPORT=シュポルト」とは、スポーティでダイナミックなモデルに与えられる名称で、ドイツ語読みをそのまま名付けたとのことだ。Mercedes-AMGのエンジニアによって独自に開発されたフロントアクスルとサスペンションに加えて、可変トルク配分型四輪駆動システム「4MATIC(フォーマティック)」を搭載し、あらゆる路面状況において常に最適なトラクションを発揮し、高い操縦性と走行安定性を確保するとのこと。

特別なモデルであることを強く印象付ける、前後バンパーのラインやブレーキキャリパー、インテリアなど随所にあしらわれたレッドアクセントが特徴的だ。

■ 価格(消費税込み)
・CLA 180 Shooting Brake
1.6L 直4:直噴ターボ
右 360万円
・CLA 180 Shooting Brake Sports
1.6L 直4:直噴ターボ
右 428万円
・CLA 250 Shooting Brake
2.0L 直4:直噴ターボ
右 492万円
・CLA 250 SPORT 4MATIC Shooting Brake
2.0L 直4:直噴ターボ
右 545万円

この発表にあわせて、実店舗とウェブが連動した体験型キャンペーンを実施するとのことだ。「スタイリッシュなクーペデザインに高い利便性を備え、現代の多様なライフスタイルに対応する」というモデルコンセプトにあわせて、ファッション、スポーツ、グルメ、カルチャーなど様々なライフスタイルのカテゴリーから、ハイセンスで話題性のあるロケーションを「HOT SPOT」として選定し、ジャンルを超えたコラボレーションを実現。各店舗をキャンペーン期間中に訪れ、ご自身のソーシャルメディアでシェア(Facebook、twitter、Instagramいずれか)することによって、特別な体験ができるとのこと。「HOT SPOT」の所在地、実施期間および実施内容は、以下の特設ウェブサイトをご覧いただきたい。

特設ウェブサイトURL : http://promotion.yahoo.co.jp/cla_sb/
*2015年6月19日0時より開設

メルセデス・ベンツ 公式サイト
www.mercedes-benz.co.jp/