ホンダは、2015年5月15日に発売した「SHUTTLE(シャトル)」の1ヵ月での累計受注台数が、2015年6月14日現在、月間販売計画(3,000台/月)の3倍以上となる1万台を超え、好調に推移していると発表した。

Related Gallery:HONDA SHUTTLE



■ 購入されるポイント(ホンダ調べ)
・質感の高いエクステリア・インテリアのデザイン
・ステーションワゴンクラス最大(2015年4月現在)の広さに加え、フラットで使い勝手のよいラゲッジスペース
・乗り心地と操縦安定性をともに高めた上質な走行性能
・ステーションワゴンクラストップ(2015年4月現在)となる34.0km/L(JC08モード:国土交通省審査値:HYBRID「FF」メーカーオプション非装着車)の優れた燃費性能
・コンパクトクラスでありながら、1クラス上の様な高級感と充実した装備


■ タイプ別受注構成比
・HYBRID Z:30%
・HYBRID X:50%
・HYBRID:10%
・G:10%


■ 主なオプション装着率
・ハイブリッド車
 LEDヘッドライト:93%
 あんしんパッケージ:92%
 ナビ装着用スペシャルパッケージ:69%
・ガソリン車
 ナビ装着用スペシャルパッケージ:85%
 スマートキーシステム:85%
 LEDヘッドライト:56%

ホンダ 公式サイト
http://www.honda.co.jp/auto/