BLUE SKY HEAVEN 2015

ハーレーダビッドソンジャパン(HDJ)と全国の正規ディーラーが主催する国内最大のオフィシャルイベント『BLUE SKY HEAVEN(ブルースカイヘブン)』が、5月23日(土)から24日(日)の2日間、富士スピードウェイで開催され、今年も全国からたくさんのハーレー乗りたちが集結した。

BSH BSH

オープニングセレモニーでHDJ代表取締役スチュアート・ファレル氏は、2015年2月27日 に発売した「Black Canvas(ブラックキャンバス)」をコンセプトに開発したニューモデル「STREET 750」をベース車両にして行う『STREET CUSTOM PROJECT』をスタートしたことを表明。2つの違うコンセプトのもとに行われるという。



まず1つは、全国の正規販売網を参加対象とした『THE BATTLE of the Kings』。そしてもう1つはハーレーダビッドソン本社デザインチームが選出した、5つのカスタムショップによる『STREET BUILD OFF』。

bsh

『THE BATTLE of the Kings』は、一定のルールのもと各正規販売網の趣向を凝らしたカスタム車両が各販売店に登場するほか、優秀作品については「Battle of the Kings」としてwebサイト等にて紹介。UKを皮切りに、現在ヨーロッパやアメリカでも展開中だ。

BSH

『STREET BUILD OFF』で選出のカスタムショップは、「Aster risk」「Luck MC」「Cherry's Company」「Duas Caras」「Custom works Zon」といった人気ビルダーたち。このプロジェクトは、STREET 750のカスタムバイク『GARAGE』を手掛けたシニアインダストリアルデザイナー「ダイス ナガオ氏」が監修する。

BLUE SKY HEAVEN 2015
Related Gallery:BLUE SKY HEAVEN 2015

会場では昼夜を問わず、2日間にわたって様々な公式プログラムが行われたが、毎年恒例となっている名物イベントが富士スピードウェイの本コースを自分のハーレーで走れる『チャプターパレード』だ。

BLUE SKY HEAVEN 2015 BLUE SKY HEAVEN 2015

各地域のHDJ正規販売網を拠点にした"チャプター"ごとで参加でき、仲間たちと国際格式のレーシングコースを走れるのが醍醐味。毎年1000台以上のエントリーがあり、見るのも圧巻、走るのも爽快、中にはコスプレを楽しむライダーもいる。

BLUE SKY HEAVEN 2015

今年はサーキットを飛び出し、メイン会場を通り抜けるコース設定となり、参加者とギャラリーの距離が一段と縮まった。会場には、さらなる連帯感が生まれた。

BLUE SKY HEAVEN 2015 BLUE SKY HEAVEN 2015

ニューモデルの展示や試乗会ももちろんあるが、特設ステージではライブコンサートなども行われ、来場者は思うがままに楽しめばいい。ひとつずつ公式イベントを追いかけるのもいいし、ズラリとお祭りの出店のように賑やかに並ぶブースで、プライスダウンされたお買い得品を買い求めるのもいい。

BLUE SKY HEAVEN 2015

さらに、ライディングテクニックを駆使してコースを設定タイム通りに走り、達成者にはオリジナルグッズがもらえる「バトルトラックス」、ロングツーリングで疲れたカラダを1コイン(500円)で癒す「H-Dクリニック」など、体験型のイベントも盛りだくさん。

BLUE SKY HEAVEN 2015 BLUE SKY HEAVEN 2015

DJ DAVE FROMMとトムセン陽子による「Inter FM 公開収録」、映画『ターミネーター:新起動/ジェネシス』の公開(7月11日)を記念した「ターミネーターなりきりフォト」、2歳から乗れる「ストライダーパンプトライアル」など、バイクの免許がない人も楽しめるよう工夫が凝らされている。
優勝すればアメリカ・ミルウォーキーの「H-Dミュージアム」に招待してもらえる「カスタムコンテスト」では、ウイナーが号泣。拍手が鳴り止まなかった。

BLUE SKY HEAVEN 2015 BLUE SKY HEAVEN 2015

そして、最高潮に盛り上がったのは土曜日の夜。特設ステージではハーレー専門誌『VIBES』のイメージガールがセクシー&キュートなライヴパフォーマンスを繰り広げたほか、『TOKYO ROUGE』によるダンスステージ、そしてHDJの社員が構成するバンド「THE REBELLIONS」のロックライヴが行われたが、シーンを突っ走り続ける伝説的ガールズバンド『SHOW-YA』がステージに立つと会場は熱気と興奮に包まれた。

BLUE SKY HEAVEN 2015

キャンプサイトも用意され、ハーレー乗りどうしがバーベキューなどをして星空のもと語らい合うのも楽しみの1つ。土曜の夜には毎年必ず花火が打ち上げられるが、これを眺めていると、どこからともなく聞こえる「また来年も会おう」という、そんなやりとり。仲間と出会い、語らい、分かち合う。ハーレー乗りであったことを心から喜べる特別な2日間を、今年もハーレー乗りたちは堪能した。

BLUE SKY HEAVEN 2015 BLUE SKY HEAVEN 2015

■ハーレーダビッドソンジャパン 公式サイト
http://www.harley-davidson.com/