トヨタは、「ランドクルーザープラド」を一部改良し、全国のトヨタ店(大阪地区は大阪トヨペット)を通じて、6月17日(水曜日)に発売した。

Related Gallery:TOYOTA Land Cruiser Prado 17 June 2015



今回の一部改良では、新開発の2.8Lクリーンディーゼルエンジン「1GD-FTV」を国内で初めて搭載した。次世代高断熱ディーゼル燃焼やコンパクトで高効率のターボチャージャーを併用することで、低回転でも高トルクを発揮できる動力性能を備えるとともに、低燃費・低排出ガスを実現、JC08 モード走行燃費(国土交通省審査値)11.8km/Lを達成したとのことだ。

さらに、新開発の尿素SCR(SCR Selective Catalytic Reduction)システムなどの採用により、窒素酸化物(NOx)を大幅低減。これにより、排出ガス規制の基準「ポスト新長期規制」に適応し、粒子状物質(PM)や窒素酸化物(NOx)の排出量が少ないたクリーンディーゼル車として「エコカー減税」の対象となるほか、「CEV補助金(クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金)」制度を利用した場合、最大約24万円が給付されることとなる。

■ クリーンディーゼルエンジン「1GD-FTV」諸元
総排気量:2,754cc
最高出力:130kW(177ps)/3,400rpm
最大トルク:450Nm(45.9kgf・m)/1,600~2,400rpm
燃料供給装置:コモンレール式燃料噴射システム

また、2.7Lガソリン車は、トランスミッションを6速ATに多段化するとともに、エンジンを改良し燃費を向上させているとのこと。


さらに、従来型で好評のLEDヘッドランプをディーゼル車(TZ-G、TX"Lパッケージ")に標準装備するとともに、外板色には新色のレッドマイカメタリックを含む全10色を設定している。



ランドクルーザープラド
http://toyota.jp/landcruiserprado/

トヨタ 公式サイト
http://toyota.jp/