より過激にパワーアップ!? 日産が「ジュークR NISMO」のティーザー画像を公開
日産がまた新たな悪ふざけを準備しているらしい。今月末にイギリスで開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでデビューするという「ジュークR NISMO」のティーザー画像を公開したのだ。

今のところ、ジュークR NISMOの詳細はまだ発表されていないのだが、その名称から推測できることがいくつかある。読者の皆さんも、数年前にごく少数が製作された「ジュークR」というクルマを思い出しているに違いない。「ジューク」のコンパクトなボディに「GT-R」のパワートレインを搭載して、衝撃的なデビューを果たしたあのクルマだ。見た目は小さなクロスオーバーでありながら、0-60mph加速は3秒と、他のパフォーマンスを重視したSUVを圧倒するモンスターマシンだった。

今回はさらにNISMOの名が加えられたところを見ると、日産は「GT-R NISMO」のように、よりパワーアップしたマシンに仕立てているものと思われる。GT-R NISMOと同じ最高出力600hpのV6ツインターボ・エンジン(最初のジュークRは最高出力545hpだった)を搭載し、ハンドリングや空力性能も引き上げられた、さらに過激なモデルとなることを意味しているのではないだろうか。ティーザー画像でも先代のジュークRよりアグレッシブなエアロパーツを備えていることが確認できる。

日産によれば、このモデルは「NISMOの最新技術、スタイリング、パワートレインを取り入れた、スーパーカーを凌ぐクロスオーバー」になるそうだ。その全貌は、今月25日から英国で開催されるモータースポーツの祭典で明らかになる。楽しみに待とう。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】日産ジュークRの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!