【レポート】アウディ、完全EVの新型クロスオーバーSUVコンセプトをフランクフルトでお披露目へ
Related Gallery:Audi Q7 E-Tron 2.0 TFSI Quattro

アウディが、第2世代の「MLB」プラットフォームを採用した完全電気自動車(EV)の新型クロスオーバーSUVコンセプトを、今年9月に開催されるフランクフルト・モーターショー2015で発表することが分かった。

アウディCEOのルパート・スタッドラー氏は、このクルマが市販化されれば、年間生産台数が1万台を超えることは間違いないと太鼓判を押している。同社の開発部門の責任者であるウルリッヒ・ハッケンバーグ氏によると、この"スポーツ・アクテビティ・ビークル"の完全EVモデルに次いで、モーターとガソリンエンジンを組み合わせたプラグイン・ハイブリッドモデルや水素燃料電池モデルも投入される可能性があるという。市販モデルの発売は2018年初旬を予定しており、1回の充電で最大約310マイル(約500km)の走行が可能とのこと。これは近日発売が予定されるテスラモデルX」を意識したものだそうだ。

現時点で具体的な詳細は発表されていないが、フランクフルト・モーターショーの開催日が近づけば、この新型車に関する詳しい情報が出てくることだろう。続報に期待しよう。

By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】クロスオーバーEVの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!