【ビデオ】カワサキ「Ninja H2R」がマン島で最高速度331km/h以上を記録!
Related Gallery:Kawasaki H2R at the 2015 Isle of Man TT

オートバイ・レースで世界一危険なコースと言われるマン島のスネーフェル・マウンテン・コースは、長い歴史の中で大勢のライダーの命を奪ってきた。それを考えると、カワサキのライダーであるジェームズ・ヒリアーが成し遂げた偉業は、見方によっては勇敢ともクレイジーとも言えるものだ。ヒリアーはパレードラップと呼ばれる走行で、カワサキの新型「Ninja(ニンジャ) H2R」に乗り、サルビー・ストレートで206mph(約331km/h:Strava GPSによる計測)を超え、マン島における最高速度記録を更新した。

ヒリアーは走行後、「正気じゃなかった。単純に常軌を逸していた」と語った。「4速ギアまであっという間に上がるので、加速はメンタル次第」だという。最高出力300hpを超えるスーパーチャージャー付き4気筒エンジンを搭載するNinja H2Rは、「Ninja H2」のサーキット走行専用モデル。今回彼が乗ったのはほぼ市販されているままの状態で、マン島の道路のさまざまな路面に対応できるようにサスペンションの調整を行っただけだそうだ。

ちなみにヒリアーのマシンにはカメラが搭載されていた。世界最速のパレードラップがいかなるものか、ぜひビデオでチェックしていただきたい




By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】カワサキの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!