ホンダは、2013年・2014年のFIMロードレース世界選手権のMotoGPクラスにおいて2連覇を達成した競技専用マシン「RC213V」の一部仕様を変更し、一般公道での走行を可能とした「RC213V‐S」の商談受付を7月13日より開始する。

そんな驚きの発表の詳細は「先日の記事」をご覧になっていただければわかるが、その発表に合わせて、ホンダが動画を公開したのでご紹介しよう。

Related Gallery:HONDA RC213V‐S


2014年 MotoGP世界チャンピオンのマルク・マルケス選手が「RC213V-S」を初ライド。
­ビデオ冒頭の彼の表情を見ても、サーキットでの相棒「RC213V」が公道で走ることを可能にした「RC213V-S」への期待と興奮がいかほどのものか、伺い知れる。

彼は出会ってしまった。このマシンに。
その先に広がる「公道」という世界へ飛び出す気持ちは、抑えられない。

「本物のMotoGPマシン」が公道へ

手に入れることがあったら、これだけは忘れないでほしい。
「RC213V-S」は、間違いなくMotoGPを戦い抜けるポテンシャルをそのまま秘めているということを。
アクセルワークは、くれぐれも慎重に。
でも、「世界一速く走るマシンとは、世界一操りやすいマシンである」というホンダの思想をそのままに引き継ぐ公道マシンを、心ゆくまで味わって欲しい。

そして、「世界一」の夢をみていただきたい。



この動画の公開と同時に、なんとも貴重な映像が公開されている。
伊藤真一選手がカモフラージュされた「RC213V-S」のテストを行う貴重な映像だ。
こちらも合わせてご覧いただきたい。



ホンダ 公式サイト
http://www.honda.co.jp/motor/