ホンダは、スタイリッシュで実用性に優れた原付二種スクーター「リード125」のカラーバリエーションを変更するとともに、ユーティリティーのさらなる向上を図るため一部仕様を変更し、6月18日(木)に発売する。

Related Gallery:HONDA LEAD125 New color June 2015





今回、車体色には新たに「エグザルテッドブルーメタリック」を採用。以前より好評の、アルテミスシルバーメタリック、ポセイドンブラックメタリック、パールジャスミンホワイトに加え、全4色を設定した。

仕様変更は以下の通りだ。

・車体のフロントトップカバーおよびヘッドライト上部に配したガーニッシュのクローム処理を「艶消しへと変更」
・ユーティリティーを高める装備として、アイドリングストップシステムに「電圧感知機能を追加」するとともに、「バッテリーサイズを大型化」
・エンジンオイル交換時期の目安をメーター内の液晶ディスプレイに表示する機能において、表示が点灯するまでの走行距離を「設定範囲内で任意に選択」できる仕様に変更

上質な外観の演出や、使用環境におけるバッテリーのタフネス性の向上、そして多様な使用環境に応じたエンジンオイルの交換時期の表示を可能にしたとのことだ。

リード125は、低フリクション技術とアイドリングストップシステムによる優れた燃費性能と環境性能、力強い出力特性を実現する水冷・4ストローク・OHC・単気筒125ccエンジン「eSP(イーエスピー)」を搭載。ビジネスからレジャーまで、幅広いシチュエーションにおいて機動性に優れた原付二種スクーターとして支持されているという。

因みに、この「eSP(イーエスピー)」とは、enhanced(強化された、価値を高める) Smart(洗練された、精密で高感度な) Power(動力、エンジン)の略で、低燃費技術やACGスターターなどの先進技術を採用し、環境性能と動力性能を高めたことで定評あるスクーター用エンジンの総称である。

■ 価格(消費税込み)
29万3,760円

ホンダリード125
http://www.honda.co.jp/LEAD125/


ホンダ公式サイト
http://www.honda.co.jp/motor/