ハモンドとメイ、BBCが提示した7億円超での『トップギア』続投を断る?
話半分に聞いて欲しい。英タブロイド紙『デイリー・ミラー』が報じるところによるとジェームズ・メイリチャード・ハモンドは、BBCが提示した、ジェレミー・クラークソン抜きで『トップギア』に戻るなら400万ポンド(約7億6,000万円)を払うという話を断ったそうだ。

本当だとしても、特に衝撃的な話ではない。この長々と続いている騒動の最初から、番組ホストたちは3人で1つのチームであり、そのうちの誰かが欠けたら面白い番組はできないと言っているのだから。

それでは、クラークソンとハモンド、メイはどうするのか? 内部の情報源によると、長年同番組のプロデューサーを務めてきたアンディ・ウィルマン氏と共に、ネット動画配信大手の米ネットフリックス(Netflix)と、番組制作の大型契約を結ぶのも「間近だ」という。ネットフリックスが配信している、ケビン・スペイシー主演の政治ドラマ『ハウス・オブ・カード~野望の階段』に掛けたタイトルの自動車番組、『ハウス・オブ・カーズ』は思ったより早く実現するかも知れない。

さらにこの情報源は、「彼らはみんな、新しい番組を全て自分たちで作り、編集し、配信する権限を持つ可能性に非常に興奮している。これは革新的だし、信じられないほど利益が出ると思う。BBCと契約をするよりも、さらに多くの金を手にするだろう」とも語っている。

ハモンドとメイは、しばらくの間『トップギア』に戻るつもりはないようだが、昨日お伝えしたように、二人はシーズン22を完結させるのに必要な映像の撮影を終えたそうだ。シーズン22の最後の2つのエピソードは、クラークソンが番組プロデューサーのオイソン・タイモン氏とケンカ騒動を起こしたため、今のところ無期限の放送延期となっている。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】トップギアに代わる新番組に期待する前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!