【レポート】アップル「CarPlay」、自動車メーカーの独自アプリにも対応可能に
先日、開発者会議WWDC 2015の基調講演で今秋提供予定のiOS9を公開したアップル。その際、車載インフォテインメントシステムとiPhoneを連携させるオペレーティング・システム「CarPlay」についても、今後のアップデートと機能拡大が発表されたのでお伝えしよう。
Autoblogの姉妹サイト『Engadget』によると、自動車メーカーは独自のCarPlayアプリを構築できるようになり、ユーザーはそのアプリで燃費や位置情報などにもアクセスできるようになるという。また、個人のiPhoneとCarPlayをワイヤレスで接続することも可能になった。

これにより、現在、自動車メーカーがApple Watch向けに開発している機能がCarPlayでさらに広がることも期待できる。ヒュンダイボルボメルセデス・ベンツ、そしてフォルクスワーゲンは、すでに他メーカーに先駆けてApple Watchとクルマの連携を実現しているが、これを機に、後を追うメーカーが増えるかもしれないので要注目だ。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】アップル「CarPlay」搭載車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!