JBLのオートモーティブスピーカー「GTiシリーズ」が復活 新モデル「670GTi」登場
ハーマンインターナショナルは、 アメリカ カリフォルニア発祥のオーディオブランド「JBL」より、アフターマーケット向けオートモーティブスピーカー「670GTi」を、7月1日(水)より発売する。

今回発売する「670GTi」は、 2006年にJBL創立60周年を記念して販売され完売となった、2ウェイスピーカーシステム「660GTi」の後継モデルだ。JBLのオートモーティブスピーカーにおけるフラッグシップモデルとされる「660GTi」の高性能をそのままに、「660GTi」の約1/3の価格となって復活するとのことで、特徴は以下の通りとなっている。

Related Gallery:JBL 670GTi


■ 特徴

・歪みの低減にこだわった「低歪ウーファー」を搭載
スピーカーパフォーマンスの敵である歪みを、 徹底的に低減したウーファー設計。 高純度なピュアサウンド再生を可能にした。


・フルエッジ駆動「テキスタイル・ドームツイーター」の採用
歪みを低減するフルエッジ駆動テキスタイル・ドームツイーターの採用により、 フラットな周波数特性を創出。 質の高いボーカル再生を実現。


・高性能「クロスオーバーネットワーク」の搭載
ウーファー・ツイーターへの出力を最大化させる、 高性能クロスオーバーネットワークを搭載。オーディオファン向けの高価なホーム・ラウドスピーカーによく見られる技術と構造を特徴とし、車内空間で最適かつハイクオリティなサウンドを再現。

JBLエンジニアが積み重ねてきた技術を全て結集したフラッグシップモデル「670GTi」。一度体感してみてはいかがだろうか。

■製品名
「670GTi」
6インチ2ウェイ コンポーネント スピーカーシステム
■ 発売
7月1日(水)
■ 仕様
・周波数特性:50Hz – 30,000Hz
・インピーダンス:4Ω
・許容入力:600W Peak / 150W RMS
・出力音圧レベル:92dB(2.83V/1m)
・クロスオーバー周波数:2500Hz
・外形寸法:Woofer 176mm / Tweeter 69mm
・取付穴径:128mm
・埋め込み寸法:Woofer 70mm / Tweeter 41mm
・ウーファーボイスコイルの直径:50mm

■ 価格(消費税込み)
10万円

JBL 公式サイト 取扱店情報
http://jbl.harman-japan.co.jp/shoplist/


JBL 公式サイト
http://jbl.harman-japan.co.jp/