マン島TTレースの予選で仏ペトリコーラ選手が事故死
現在開催中の2015年マン島TTレースで、不幸なことに今シーズン初の死亡事故が起きてしまった。現地時間6月3日午後7時45分ごろ、フランス人ライダーのフランク・ペトリコーラ(Franck Petricola)選手が、予選走行中にSulby Crossroadsと呼ばれる場所で事故を起こし、32歳という若さでこの世を去った。

同選手がマン島TTレースに出場したのは今回が初めてだったが、バイク・レーサーとしてはベテランだった。彼は昨年もこのレースに出場する予定だったが、その直前の5月、北アイルランドで毎年開催されている公道バイク・レース「ノースウエスト 200」に出場して重傷を負い、マン島TTには出場できなかった経緯がある。今回の事故について大会主催者は「検視官による死因審問がすみやかに行われる」と伝えている。

マン島TTレースで使用されるコースは、世界で最も危険だとも言われており、昨年の大会では5人のレーサーが命を落としている

ペトリコーラ選手のご家族、ご友人に心よりお悔やみ申し上げる。

by Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】オートバイの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!