2015年シーズンは、FIA世界耐久選手権(WEC)の史上初めて、4大マニュファクチャラーが世界チャンピオンを目指してしのぎを削る展開となっている。そんな中、アウディは、初戦シルバーストーン、第2戦スパ・フランコルシャンと優勝を飾り、2012年、2013年に続き、3回目のシリーズ世界タイトル獲得にむけて邁進しているという。

そして、シーズン最大のイベントとなる6月13日‐14日開催のル・マン24時間レースに向けて、アウディは2000年の初優勝以来、通算14回目となる総合優勝を獲得すべく全力を尽くし、さらなる進化を遂げた「R18 e-tron quattro」でレースに臨む。

Related Gallery:Audi R18 e-tron quattro Le Mans 2015




アウディモータースポーツ代表のDr. ウォルフガング ウルリッヒは「私たちアウディは、2006年のディーゼルエンジン車における初めての総合優勝獲得を始め、ハイブリッドシステム搭載車による唯一の優勝経験ブランドであるなど、ル・マンにおいての技術革新を継続してきました。Audi R18 e-tron quattroは、2012年以来の無敗記録を更新し、この記録を伸ばすため、私たちはあらゆる準備を尽くし2015年のル・マンに臨みます」とコメントしている。



「R18 e-tron quattro」は、ハイブリッドシステムとエアロダイナミクスに加え、タイヤのマネージメントについても積極的な技術検討が行われ開発されているとのこと。また、これまでの開発を経て、減速時に回収されるエネルギーの量を2倍に引き上げ、現在のル・マンでの2メガジュールから、4メガジュールとなった。そして、フロントアクスルに搭載されるモーターの出力は、昨年比17%も向上し、200kW(272hp)となっている。



アウディの新型ハイブリッドシステムは、大会レギュレーションに準じた低燃費のディーゼルエンジンと連動していて、V6 TDIエンジンの燃費はこれまでより2.5%向上している。が、これによるデメリットを総合的に克服することで、出力を410kW(558hp)にまで引き上げ、ハイブリッドシステム全体での出力は610kW(830hp)にまで向上している。同様に、エアロダイナミクスも入念に開発されているとのことだ。また、タイヤパートナーのミシュランと共同開発し、2015年モデルではタイヤへの負担の軽減、最適なラバーパフォーマンスの発揮、そして燃費への貢献を最大減に高めることに成功したとアウディのエンジニアは言っている。



トータル9回という、ル・マン優勝最多記録を持つトム・クリステンセンの引退を受けて、アウディチームのドライバーラインアップも若干の変更が行われている。

昨年のル・マン優勝および2012年の世界チャンピオントリオであるマルセル・ファスラー(スイス)/アンドレ・ロッテラー (ドイツ)/ブノワ・トレルイエ(フランス)組は、6年連続で同じチームを組んで7号車で出場する。

2013年の世界チャンピオンであるルーカス・ディ・グラッシ(ブラジル)とロイック・デュバル(フランス)は今年、過去3度のアウディでのル・マン出場経験を持つオリバー・ジャービス(イギリス)とトリオを組んで8号車で出場する。

アウディスポーツ チームヨーストは、前回のスパ・フランコルシャン6時間に続き、ル・マン24時間レースにも3台目のマシンを投入して闘う。この9号車には、昨年同様のフィリップ・アルバカーキ(ポルトガル)とマルコ・ボナノミ(イタリア)に加え、フォルクスワーゲングループの一員としてニュルブルクリンクとスパ・フランコルシャンの24時間レースで優勝し、アウディLMPプログラムに加入したレネ・ラスト(ドイツ)が今年から参加し、ドライブする。



予選は、6月10日(水)11日(木)に実施、その結果によりスターティンググリッドが決定される。決勝は6月13日(土)の15時にスタート、24時間の過酷なレースが繰り広げられることとなる。

なお、アウディ ジャパンでは「ル・マン24時間レース 2015」開催中、Audi Forum Tokyo 2F Audi Caféにてオールナイト観戦を実施するとのことだ。詳細は以下をご覧いただきたい。

■ Audi Café 特別営業時間ならびにLIVE映像放映時間
6月13日(土)オープン 22:00 – 6月14日(日)17:00
※Caféエリアのみの運営となり1F / 2Fショールームはクローズ
詳しくは、詳細は下記サイトにて。
http://audicafe.audi.co.jp/

アウディ公式サイト
http://www.audi.co.jp