〜スポーティな MT モデルで、「ゴキゲン♪ワーゲン」な毎日を〜
フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、人気のスポーツハッチバック3モデル、「ポロ GTI」「ゴルフ GTI」「ゴルフ R」に、6年ぶりとなるマニュアル トランスミッション(以下:MT)モデルを設定し、6月11日(木)から全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで受注を開始する。

Related Gallery:Volkswagen MT model Lineup 2015


■価格(消費税込み)
・ポロ GTI:327万5,000円
・ゴルフ GTI:389万円
・ゴルフ R:539万円

配車は、ポロ GTIとゴルフ Rが9月、ゴルフ GTIは10月を予定しているという。

これまでVGJは、変速時のトルク切れが無く、スムーズでパワフルなシフト感覚と低燃費性能も高次元で融合し、さらに、オートマチック トランスミッション同様の取り扱いのし易さで定評のある「DSG」トランスミッションを主にラインアップしてきた。しかしながら、ドライバー自らがクルマを操る喜びや楽しみを感じたいという理由で、MTモデルの復活を望むユーザーも多く、VGJでは一人でも多くのユーザーに「ゴキゲン♪」なドライビングプレジャーを提供するため、6年ぶりにMTモデルの復活を決定したとのことだ。



今回、新たに設定するMTモデルは、すべてフォルクスワーゲン製のユニークな3軸構造を持つ6速MT(前進:6段、後進:1段)を搭載。それぞれの6速MTモデルの特徴と、現行のDSGモデルとの違いは以下の通りだ。



■ ポロ GTI <6速MT>
・エンジン
同7速DSGモデルと異なり、MTならではの「Fun to Drive」な走りを最大限に引き出せるような出力特性にチューニング。最高出力は、141kW(192ps)と双方ともに同じだが、ピークパワーは7速DSGモデルよりも1,100rpm低い、4,300rpmから6,200rpmまでの幅広いレンジで得られるとのこと。そして、このエンジンのハイライトである最大トルクは、6速MTの許容範囲に収まる320Nmになってる(7DSGは250Nm)。

・サスペンション
ドライバーの好みでサスペンションのセッティングを自由に変更できる「Sport Select」シャシー付きスポーツパフォーマンスキットを標準装備。センターコンソールにあるスイッチを押すたびに、ショックアブソーバーのダンピング特性を「スポーツ」と「ノーマル」に切り替えられる。

「スポーツ」ではショックアブソーバーの減衰力が高められ、「ノーマル」では標準モデルよりもよりソフトな設定になる。これに合わせ、ステアリング特性やエンジン音がよりスポーティになり、ドライバーの気持ちをより一層掻き立てることに貢献するとのことだ。

・ボディカラー
7速DSGモデルと同じ、全4色
フラッシュレッド、ディープブラックパールエフェクト、リフレックスシルバーメタリック、ピュアホワイト





■ ゴルフ GTI <6速MT>
・安全・快適装備
1) 「ブラインドスポットディテクション」(後方死角 検知機能)と「リヤトラフィックアラート」(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)を標準装備。
2) アダプティブクルーズコントロール「ACC」を装備。
3) リヤビューカメラ「Rear Assist」を装備。

・ボディカラー
6速DSGモデルと同じ、全7色
トルネードレッド、ピュアホワイト、タングステンシルバーメタリック、ナイトブルーメタリック、ディープブラックパールエフェクト、リフレックスシルバーメタリック、オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト(有償オプション)





■ ゴルフ R <6速MTモデル>
・サスペンション
電子制御サスペンションのアダプティブ シャシーコントロール「DCC」を標準装備。

・安全・快適装備
1) 「ブラインドスポットディテクション」(後方死角 検知機能)と「リヤトラフィックアラート」(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)を標準装備。
2) フォルクスワーゲン純正インフォテイメントシステム「Discover Pro」(SSDナビゲーションシステム、FM-VICS内蔵、DVD/CDプレーヤー、MP3/WMA再生、AM/FM、地デジTV受信、Bluetoothオーディオ/ハンズフリーフォンMirrorLinkTM、ETC 2.0対応車載器、MEDIA-IN(iPodおよびUSBデバイス接続装置)を装備。
3) アダプティブクルーズコントロール「ACC」を装備。

・ボディカラー
MTモデルの導入にあわせて、ゴルフ Rシリーズに以下の2色の新しいボディカラーが追加される。

1) トルネードレッド:鮮やかな発色で、スポーティさも強調する定番人気のボディカラー
2) ライムストーングレーメタリック:2014年導入の限定車「Golf Edition 40」で人気を博したボディカラー

これにより、ゴルフ Rのボディカラーは、従来の「ラピスブルーメタリック」、「ピュアホワイト」、「ディープブラックパールエフェクト」、「オリックスホワイトマザーオブパール エフェクト(有償オプション:¥64,800/税込)」の4色を加えた全6色となった。



■ フォルクスワーゲンのユニークな3軸構造ギヤボックス
1990年代の終わり頃、FF(前輪駆動)モデルに大排気量エンジン(当時はV6 2.8リッター)と四輪駆動システム(4MOTION)用のギヤボックスなどを横置きに配置することになったため、当時のフォルクスワーゲン技術陣は、従来のギヤボックスの常識だった2軸式(インプットシャフト:1本+アウトプットシャフト:1本)という既成概念を打ち破り、アウトプットシャフトを2分割して3軸構造にするユニークなギヤボックスを開発。それが「独創的な3軸構造を採用するフォルクスワーゲンの6速MT」となり、量産化された。その記念すべきフォルクスワーゲン第1号として誕生したのが、2000年11月に日本で発表された「ボーラ V6 4MOTION」だ。

この独創的な3軸構造の6速MTでは、2分割したアウトプットシャフトの1本に1速~4速ギアを取り付けて、もう1本に5速と6速ギア、そして、リバースギアを組み込んでいた。これにより、ギヤボックスの全長を短縮できたことに加え、ドライバビリティの向上と燃費にも効果的なギアの多段化も同時に行うことができた。さらに、ギヤボックスハウジングをマグネシウム製にしたことで軽量化にも成功したとのこと。

また、このような斬新かつ革新的なギヤボックスが誕生したことで、フロント部分に空間的な制約が多いFF車にも高性能なパワートレインや補機類を搭載できるようになり、また、後に市販化される2ペダルオートマチックギヤボックス「DSG」への発展性を秘める結果にもなったという。

その後、この6速MTをベースに開発された「DSG」では、クラッチペダルが無いオートマチックとして機能させるために、6速MTと同じ2分割のシャフトを採用しているが、唯一これと異なるのは、2本のインプットシャフトと2本のアウトプットシャフトを備えていることだ。

このように、FFモデルにも高性能なパワートレインを搭載したいという当時のフォルクスワーゲン技術陣の熱い思いがきっかけとなり開発された独創的な3軸構造のギヤボックスは、今に続き、MTモデルではこの上ないドライビング プレジャーをドライバーにもたらし続けるとともに、昨今の燃費向上という時代の要請に対しては、現在、多くのフォルクスワーゲン車に採用している7速「DSG」のように、ギアの多段化という方法でこれに的確に応えているとフォルクスワーゲンは言う。

この一連のギヤボックスの技術革新はいまだ留まることを知らず、昨年には、ギア枚数を2つも飛び越えて10速化した「DSG」を公開するなど、開発から15年以上もの年月にわたって、フォルクスワーゲンはこの「3軸構造ギヤボックス」への技術革新を日々追求し続けているとのことだ。

フォルクスワーゲン MT特集ページ
http://web.volkswagen.co.jp/information/promotion/mt/20150609/


フォルクスワーゲン 公式サイト
http://www.volkswagen.co.jp/ja.html