【レポート】アウディCEOが「ミニバン生産の予定はない」と明言
アウディCEO、ルパート・スタッドラー氏の見事な決断に敬意を表したい。スタッドラー氏は、米自動車メディア『Automotive News』のインタビューの中で、アウディは基本的にミニバンを生産しないと明言した。

その理由として、同氏はミニバンよりもクロスオーバーやSUVの方が人気が高いことを挙げている。さらに、ミニバンはそのイメージから顧客に敬遠されがちだとして、BMW「2シリーズ アクティブツアラー」のようなクルマの生産は良案ではないと主張した。「割高であってもSUVに乗り換える傾向が強いのは、SUVの方が心躍るクルマだからです。我々はお客様に合理的なクルマとして選ばれるよりも、心躍るクルマだからという理由で選ばれたい」と『Automotive News』に語っている。

とはいえ、良いニュースばかりではない。スタッドラー氏は、同社の「プロローグ・アバント・コンセプト」をベースとする「A8 ワゴン」についても生産の予定はないときっぱり答えた。また、BMW「6シリーズ」に対抗して4シーターの大型クーペを投入する必要性もないという。その代わり、アウディは今後、発売予定のSUV「Q8」に注力していくとのことで、同氏は「大型クーペよりも人気車種になる可能性が高い」と予想する。なお、同社は5ドアのスポーツバックにも力を入れているが、こちらについては詳しく語られなかった。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】アウディの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!