シトロエン、4台の「C-Elysée WTCC」が第5戦ロシア制覇に挑む
〜選手権ランキングのトップ3に加え昨年の覇者チンホワがポディウム(表彰台)を目指す〜

2015年 FIA世界ツーリングカー選手権(以下、WTCC)はヨーロッパ連戦を前に、この週末(6月5日〜7日)にロシアで第5戦を迎える。

昨年はホセ-マリア・ロペスがレース1を制し、レース2では「シトロエン C-Elysée WTCC」で初めてのレースに挑んだマー・チンホワが、首位に立っていたイヴァン・ミューラーを最後の数周でかわすという速さを見せ、中国人ドライバーとして初めて世界選手権レースでの優勝を果たした。

因みに4人のシトロエンドライバーは、全員がモスクワ・レースウェイでのポディウム(表彰台)を経験している。

Related Gallery:Citroën C-Elysée WTCC 2015 Race1 to 4




今季ここまでほぼ完璧なレースを続け選手権争いで首位に立つロペスだが、このロシアはWTCCキャリアの中で唯一、リタイアを経験しているサーキット。油断することなく、選手権首位を維持してヨーロッパ連戦を迎えることを目指すとしている。



選手権2位のセバスチャン・ローブ、それを1点差で追う3位ミューラー、そして選手権4位への返り咲きを目指すチンホワと、それぞれが上位を目指すロシアでのシトロエン・レーシングの戦いは如何に。


シトロエン公式サイト
http://www.citroen.jp/