Related Gallery:Volkswagen RQWC

フォルクスワーゲンAG は、5月28日(木)、29日(金)の2 日間にわたり、ドイツ・ウォルフスブルグ、およびベルリンにて、販売店におけるセールス及びアフターセールス従事者の技能を競う、「フォルクスワーゲン 技能コンテスト 世界大会(以下RQWC)」を開催した。

RQWC は、すべてのマーケットにおいて、販売とサービスの質を継続的に改善し、フォルクスワーゲンブランドの顧客満足をさらに向上させることを目的として、 「One brand, one team, one challenge」というモットーの下に開催されている。

今回で第6回目となる本大会は、世界約70ヶ国から、約250名のファイナリストが参加。セールスアドバイザー部門、サービスアドバイザー部門、マスターテクニシャン部門と、パーツアドバイザー部門に分かれて、日頃の業務やトレーニングを通じて培った技術を競い合った。

日本からは、昨年10月に開催された「フォルクスワーゲン ディーラー パフォーマンス コンテスト2014」で優勝した、フォルクスワーゲンあざみ野の羽野利保選手(セールスアドバイザー部門)、フォルクスワーゲン河内長野の吉田堅志選手(サービスアドバイザー部門)、フォルクスワーゲン千葉中央の松尾豊選手(サービステクニシャン部門)と、フォルクスワーゲン川口の榊原大達選手(パーツアドバイザー部門)の計4名が参加。世界選りすぐりの並み居る強豪との激闘は、日本人の活躍が目立つ以下の結果となった。

■技能コンテスト結果
・セールス部門:羽野利保選手が世界第2位
・アドバイザー部門:吉田堅志選手がアジア・パシフィック地区第1位
・パーツ部門:榊原選手がアジア・パシフィック地区第2位

RQWC は、単に参加者のスキルを競うだけでなく、フォルクスワーゲンディーラーの現在の知識レベルを把握し、その結果を国別のトレーニング開発に反映させ、世界中のフォルクスワーゲンのセールスおよびアフターセールス従事者のクオリティを向上させる役割も担っている。さらにフォルクスワーゲンは、セールスとアフターセールスの結びつきも重要との考えから、RQWCではベストカントリーチーム賞も設定されている。

フォルクスワーゲン 公式サイト
http://www.volkswagen.co.jp/ja.html