スズキは、軽量・コンパクトな2気筒0.8Lの小型車向け「E08A型ディーゼルエンジン」を開発。インド子会社マルチ・スズキ・インディア社が生産・販売する小型車「セレリオ」に搭載して、インド国内向けに発売する。

スズキはこれまで、他社からの供給やライセンス生産によって1.3~2.0Lのディーゼルエンジンを主に海外向けのモデルに搭載してきたが、インド市場でのディーゼルエンジン仕様車の需要に対応するため、2気筒0.8LのE08A型ディーゼルエンジンを自社開発した。

E08A型ディーゼルエンジンは、シリンダーブロックの材質にアルミニウムを採用し、コンパクトな2気筒エンジンに適した小型の燃料供給システムとターボチャージャーを搭載することで軽量化を実現。低圧縮比化と大型インタークーラーの搭載により、低回転域での高トルクと燃費性能を両立した。また、フライホイールを最適化することで、2気筒ディーゼルエンジン特有の低周波振動を軽減した。

セレリオへの搭載にあたっては、エンジンの取り付け方法や車体剛性の最適化、吸音材の追加等を行い、エンジンから伝わる低周波振動や燃焼音を軽減し、快適性を高めた。さらに、このエンジンを搭載したセレリオは、スズキ調べによると、インドでトップの燃費性能となる27.62km/Lを達成した、という。

■E08A型ディーゼルエンジン の主な諸元
・エンジン形式:2気筒DOHC8バルブ インタークーラーターボ ディーゼルエンジン
・排気量:793㎤
・内径×行程(mm):77.0×85.1
・圧縮比:15.1
・最高出力(kW/rpm):35/3,500
・最大トルク(N・m/rpm):125/2,000

スズキ 公式サイト
http://www.suzuki.co.jp/