ポルシェ、オリジナルを忠実に再現した「クラシック 911」用ダッシュボードを発売
Related Gallery:Porsche Classic Replacement Dashboard for 1969-1975 911

ポルシェの一部門で、生産終了から10年以上経過したモデルのパーツ供給を担当するポルシェ・クラシックは、空冷エンジン用のエンジンオイルから、クラシック・モデル向けのGPSナビゲーション・システムまで、同社の旧車のためにこれまでに様々なものを提供してきた。そして今回、純正パーツを探しているレストアラーのために、旧い「911」のものを再現したダッシュボードが発売された。

この「クラシック911 ダッシュボード」は、1969年~1975年モデルの911に対応するものだが、オリジナルと完全に同じというわけではない。クラシックカーのインテリアで使われているパーツの素材は、陽射しや気温の変化、湿度などによる劣化が起こるため、ポルシェ・クラシックはこれを再設計し、現代的な基礎構造部分を取り入れている。しかし、デザインはオリジナルに忠実で、シボ化工がもたらす質感と手触り、光沢とブラックの色合いは、クラシック911とまったく同じであるという。組み付けにはフロントウィンドウの取り外し作業が必要となるので、ポルシェ クラシックでは、トレーニングを受けたスタッフが在籍しているポルシェ クラシックのパートナーでの交換作業を推奨している(日本では、ポルシェセンター青山 世田谷認定中古車センターおよびポルシェセンター名古屋が認定を受けている)。税込価格は14万5,800円。

かなり高額のように思えるが、クラシック911のダッシュボードの交換部品は他社でもこのくらいの価格で販売されているようだ。ポルシェなどのレストア部品を扱うストッダード社のサイトを見ると、程度の良いオリジナルが1,325ドル(約16万4,200円)で販売されており、新品のファクトリー・パーツは1,501.29ドル(約18万6,000円)となっている。

製品の詳細について詳しく知りたい方はプレスリリース(日本語)をどうぞ。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ポルシェの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!