ブラバス、新型メルセデス「Vクラス」用のカスタマイズ・プログラムを発表
Related Gallery:Mercedes-Benz V-Class by Brabus

スタイリッシュで乗り心地のよいラグジュアリーなバンで街を走りたいが、メルセデス・ベンツ「スプリンター」ではちょっと大きいと感じる人のために、メルセデスはミニバン「Vクラス」を提供している(北米ではVクラスの商用バージョン「ヴィトー」が「メトリス」として今秋発売予定)。そしてメルセデスのチューニングを長年手掛けているブラバスは、昨年欧州で発売された新型Vクラスをさらにアップグレードするカスタマイズ・プログラムを発表した。

ブラバスが今回、Vクラスのために用意したプログラムには、このミニバンに一段と洗練された外観を与えると同時にフロントエンドのリフトを低減するエアロキットや、4種類のデザインが選べる18インチまたは19インチのホイール、車高が低くなるサスペンション・スプリング、エンジンのチューニング、エキゾースト・システムのアップグレード、インテリアの広範な改装が含まれる。

ジュネーブ・モーターショー 2015でコンセプトカーが示唆したようなファーストクラス並みのキャビンを実現すべく、インテリアはレザーとアルカンターラで張り替えられ、ウッドとカーボンファイバーのトリムが施されている。また、エンターテインメント・システムには、ヘッドライナーの2カ所に配置された15.6インチLCDスクリーンや無線LANなどを完備。さらに、車内のCピラーに組み込まれたタッチパッドから、読書灯、シート・ヒーティング、パワーウィンドウ、電動カーテン、スライドドアなどの操作も行えるという。

このように快適性の向上に力を入れていることは確かだが、ブラバスはやはりブラバスだ。「V250 BlueTEC」に積まれる4気筒ターボディーゼル・エンジンの最高出力は、190psから235psに引き上げられ、最大トルクは7.1kgm増加して52.0kgmにそれぞれ向上。0-100km/h加速は8.8秒、最高速度は130mph(210km/h)と、動力性能にもかなり磨きが掛けられる。プログラムについてさらに詳しく知りたい方は、プレスリリース(英語)をどうぞ。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー