mazda roadster

 マツダ株式会社は、5月21日に発売を開始した新型「マツダ ロードスター」から、車の使用方法やメンテナンス方法などを、インターネットを活用し、より確認しやすくした『電子取扱説明書』を導入したと発表した。

mazda roadster mazda roadster

今回導入する「電子取扱説明書」は、取扱説明書を電子化することで、日常の車の使い方やメンテナンス方法に加えて、i-ACTIVSENSEやMAZDA CONNECTなど、先進技術の使用方法や特徴、留意点などを簡単に、楽しく確認することができる。「インターネットで調べられるようにして欲しい」というご要望に応え、「多機能化する装備をしっかり活用していただきたい」、「もっと安心安全に車を使っていただきたい」というマツダの想いを体現したツール。「電子取扱説明書」は新型「ロードスター」での導入を機に、「マツダ CX-5」以降の新世代商品に順次展開予定。

■「電子取扱説明書」の特徴は以下のとおり

mazda roadster

多彩な検索機能で確認したい情報にアクセスがしやすい
3つの検索方法で、知りたい情報に容易にアクセスできるようにした。
  • ビジュアル検索: 操作や機能の説明を、調べたい部位から検索し閲覧することができます。
  • シーン別検索: 操作や機能の説明を、利用シーンから検索し閲覧することができます。
  • キーワード検索: 操作や機能の説明を、キーワードから検索し閲覧することができます。 キーワード検索では、最初の文字をインプットするとリストが表示される「予測変換」や、例えば「かぎ」とインプットするとキー関連のワードリストが表示されるなど、一般的な言葉でも検索できる「あいまい検索」の機能を持たせています。
mazda roadster

動画による説明を充実
見て直感的に理解できるよう動画での説明を充実させました。
パソコンやスマートフォンなど端末を選ばず利用可能
パソコンやタブレット、スマートフォンなど、様々な端末から利用が可能です。また画面のサイズに合わせてレイアウトが自動的に変わるなど、使いやすさを重視しています。

■マツダ 公式サイト
http://www.mazda.co.jp