**Embargoed until 2:01 p.m. EST on Friday, Jan. 7, 2011** Ford Focus Electric: The all-new Ford Focus Electric is a zero-CO2-emissions, gasoline-free version of Ford's popular small car and is the flagship of the company's growing fleet of hybrid, plug-in hybrid and all-electric vehicles coming to North America and Europe by 2013. (01/07/2011)
Related Gallery:Ford Focus Electric

テスラトヨタに続き、フォードも代替パワートレイン関連の特許を開放に踏み切ることが分かった。ただし、前述の2社のように無償で行うわけではなく、フォードは電気自動車(EV)関連の特許を希望する自動車メーカーに有償で開放するという。

プレスリリース(英語)によれば、フォードは650件以上のEV関連特許を保有しており、係属中のEV関連特許出願は1,000件ほどあるという。昨年だけでも400件以上のEV関連特許を出願したそうだ。代価を支払ってこれらの特許を使用したい場合は、フォードの技術商品化・ライセンシング担当に連絡を取るか、自動車メーカーの技術開発情報プラットフォーム『AutoHarvest』にアクセスする必要がある。無償を希望するなら、テスラの特許を検討してもいいだろう。

フォードは、業界全体における電気自動車の開発に弾みをつけるべく、今回の特許開放を決意したようだ。しかし、こうした特許開放の効果については、まだ結論が出ていない。例えばテスラの場合は、特許無償開放を発表した直後、興味を示した他の自動車メーカーはそれほど多くなかったようだ。フォードには、電動パワートレインを搭載するクルマとして「フォーカス エレクトリック」、「フュージョン ハイブリッド」、プラグイン・ハイブリッドカー(PHV)「フュージョン エナジー」、「C-MAX ハイブリッド」、PHV「C-MAX エナジー」、「リンカーン MKZ ハイブリッド」の6モデルがある。この中で唯一の純粋なEVであるフォーカス エレクトリックの価格は、税込2万9,995ドル(約370万円)からとなっている。


By Sebastian Blanco
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】フォードのEV特許を使用する前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!