【ビデオ】タナー・ファウストが自転車選手権のコースをロックスター「パサート」で激走
去る5月23~25日に自転車の全米プロロード選手権が開催されたテネシー州チャタヌーガは、フォルクスワーゲン(VW)社の米国生産拠点でもある。そこで、同選手権の主要スポンサーであるVW社が大会を盛り上げるために、レーシング・ドライバーのタナー・ファウストと彼の所属するロックスターのドリフトカーでちょっと面白い企画を試みた。900hpにパワーアップされたVW「パサート」の助手席にプロ・サイクリストのティム・ジョンソンを乗せ、23日に行われたタイムトライアルのコースをドライブしようというのだ。

ロードレースよりもどちらかといえばシクロクロスでの活躍で知られるティム・ジョンソンは、運転席のファウストに自転車タイムトライアルとして走るコースの複雑さを説明している。もちろん、2人が乗っているのは900hpのドリフトカーなので、ロータリーや折り返し地点では、ファウストが得意技を存分に披露してくれる。

ビデオはわずか1分15秒ほどなので、これ以上多くを語るのは控えよう。大改造された中型セダンが煙を巻き上げドリフトする姿を見るのがお好きな方には、必ずやお楽しみいただける内容だろう。それでは早速、映像をどうぞ。




By Steven J. Ewing
翻訳:日本映像アカデミー

【PR】VW「パサート」の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!