ETCカードを持っていなくてもETCが使える!? 便利なサービスをご紹介!
レンタカーには、ETC車載器が装着されており、高速道路の料金支払いはETCで出来るということが当たり前の時代となってきている。

しかし、クルマを所有していないユーザーや、普段はクルマを使わないユーザーがレンタカーで高速道路を利用する際、ETCカードを持っていないためにETCの割引サービスなどが受けられないことが多かった。

例えば、週末に都内から今、人気の北陸までレンタカーを使っていく場合を想定すると、関越道練馬ICから出発し、金沢東ICまで走行するというルートで計算すると、往復の高速道路料金が通常片道9,710円のところ、ETC深夜割引の場合は6,800円になり、ETCで高速料金を支払うだけで最大往復で5,820円も安くなるのだ。



そんな時に重宝するのが、一部レンタカー会社が行っているETCカード貸し出しサービスだ。

例えば、オリックスレンタカーの場合、レンタカー1台に対し、ETCカード1枚を無料で貸し出しするサービスを行っている。

また、ニッポンレンタカーの場合は、全国の229ヶ所の営業所で1日324円(8日以上は1080円)でETCカードのレンタルが可能だ。

なお、トヨタレンタカーの場合は、原則ETCカードの貸し出しは行っていないが、一部店舗で独自に貸し出しを行っている場合もあるとのことなので、レンタカー予約センター等で事前に確認して欲しい(現時点では、日産レンタカー、タイムズカーレンタルはETCカード貸し出しサービスを行っていない)。

短距離の場合は、ETCを使うメリットは大きくないが、長距離となると話しが変わってくるので、レンタカーを借りる際は、これらのサービスをチェックすると良いだろう。もちろん、高速料金は実費請求となる。

将来的には、ICクレジットカードを用いた決済が可能な発話型ETC2.0対応車載器の発売も予定されているとのことなので、ETCを使う=ETCカードを持っていなければ使えないということはなくなるだろう。

オリックスレンタカー
http://www.toko-net.jp/rentacar/etc.html

ニッポンレンタカーETCレンタル

http://www.nipponrentacar.co.jp/service/info/info139.htm