アウディとマクラーレンの優勝マシンが、今年のル・マンに集結!
3週間後の週末に行われる第83回ル・マン24時間レースでは、勝負の行方だけでなくその歴史にも思いを馳せよう。今年は2つの自動車メーカーが、過去の優勝マシンを登場させるという。

近年では常に優勝候補としてル・マンに君臨してきたアウディ。姉妹ブランドでありライバルでもあるポルシェが持つ16勝という歴代最多優勝数にはまだ届いていないものの、2000年の初優勝から過去15年間で13勝という驚異的な勝率を記録している。そのアウディは今年、2000年に初優勝したレーシング・プロトタイプ「R8」から、ディーゼルエンジン搭載車として初優勝した「R10 TDI」、そして昨年優勝した「R18 e-tron quattro」まで、13台の歴代優勝マシンをサルト・サーキットに登場させるという。

1995 Le Mans 24 Hours. Le Mans, France. 17th - 18th June 1995. Andy Wallace/Derek Bell/Justin Bell (McLaren F1 GTR), 3rd position, leads J.J. Lehto/Yannick Dalmas/Masanori Sekiya (McLaren F1 GTR), 1st position and Gary Ayles / Massimo Monti / Fabio Mancini (Ferrari F40 GTE), 18th position, action.  World Copyright: LAT Photographic.
アウディだけでなく、今年はマクラーレンも1995年の優勝から20周年を記念し、同レースで1位、3位、4位、5位、13位に入った5台の「F1 GTR」をメモリーレーンに並べるそうだ。サルト・サーキットではこの5台が、20周年記念の限定モデル「650S ル・マン」のオーナーと共に、新型マクラーレン「P1 GTR」の鮮やかなデビューを飾りながらパレードラップをリードするという。また、95年の優勝ドライバーであるヤニック・ダルマス、関谷正徳、J.J.レートも参加し、パレードにさらに彩りを添えるというから注目だ。

詳細を知りたい方は、プレスリリース(英語)をご覧いただきたい。

By: Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー













【PR】新車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!