ポルシェ、「ボクスター」と「911カレラ」にブラック・エディションを設定
人とは違うポルシェが欲しいという人のために、ドイツのスポーツカー・メーカーは米国市場向けに新たなスペシャル・エディションを発表した。これは特に黒ずくめが好きな人にはたまらない仕様だ。

「ブラック・エディション」と名付けられたこの特別仕様車は、「911カレラ」と「ボクスター」に新たに設定される。ご想像の通り、その主な特徴はブラックのボディにブラックのインテリアを組み合わせた配色で、オプションとしてジェット・メタリック・ブラックのペイントも用意されている。また、ヒーター付きシート、自動防眩ミラー、エンブレムがエンボス加工されたヘッドレスト、専用サイドシルプレート、スポーツデザイン・ステアリングホイールなどが装備される点も見逃せないポイントだ。

さらに911カレラ ブラック・エディションには、20インチ・ホイール、ダイナミックLEDヘッドライト、フロントとリアのパークアシスト、リアビューカメラ、BOSE®サラウンドサウンドシステムが装備される。最高出力350hpの3.4リッター・エンジンを搭載する標準モデルがベースで、後輪駆動と全輪駆動、クーペとカブリオレから選択可能だ。

一方、ボクスター ブラック・エディションのベースは、最高出力265hpの2.7リッター・エンジンを搭載するモデル。20インチ・ホイール、ウインド・ディフレクター、バイキセノン・ヘッドライト、デュアルゾーン・クライメートコントロール、ナビゲーション、アップグレード版オーディオ・システム、パークアシストが標準装備となる。

現在、米国のポルシェ販売店ではブラック・エディションの注文を受け付けており、デリバリーは7月下旬になる予定だ。車両価格は、ボクスターが5万9,100ドル(約717万円)、911カレラが8万8,800ドル(約1,077万円)からで、最も値の張る設定は、911カレラ4 カブリオレの10万4,600ドル(約1,270万円)となっている。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ポルシェの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!