ロータス、「エヴォーラ400」の販売価格を発表!(ビデオ付)
Related Gallery:Lotus Evora 400: Geneva 2015

ロータスが「エヴォーラ400」を発表してからもうすぐ3ヶ月。3月のジュネーブ・モーターショーでこのクルマに惚れ込んだ人たちは、その間、一体いくらで入手できるのかと、不安と期待を膨らませてきたことだろう。今回、ついにロータスが、気になるその販売価格を発表した。

新たな進化を遂げたこのエヴォーラ400の販売価格は、米国では税抜きで8万9,900ドル、日本では1,320万円になるという。2014年型「エヴォーラ」の6万8,480ドル(約830万円)や「エヴォーラS」の7万8,480ドル(日本での販売価格は1,010万円)に比べると、やや値が張るように感じるかも知れない。だが、そのスペックを考えれば、むしろリーズナブルとさえ言えるだろう。

最高出力は400hpと、エヴォーラSから55hpアップしているにも関わらず、車両重量は22kgの軽量化に成功。トルセンLSDやカーボン・セラミック・ブレーキが標準装備され、オートエアコンやナビゲーション・システムも装備されるほか、電子制御システム、サスペンション、ギアボックスにチューンが施される。

オプションとして、アルカンタラやレザーにアップグレードされるインテリアトリムが用意され、ATも選べる。エクステリアには、ルーフやミラーキャップにグロスブラック塗装が施される"ブラックパック"パッケージを設定。また、ダイヤモンドカットやグロスブラックの鍛造アロイホイールに、ロータスのロゴがペイントされたブレーキキャリパーなども装着することができる。

もちろん、このようなアップグレードは価格に反映されるわけだが、0-100km/h加速4.2秒、最高速度300km/hと聞けば、十分に納得のいく値段ではないだろうか。ちなみに、ヘセルにあるロータスのテストコースでのラップタイムは1分32秒で、エヴォーラSよりもきっかり6秒速いタイムをマークしている。北米での販売は今年12月から。詳細は、プレスリリース(英語)をどうぞ。




By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】エヴォーラ400の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!