【レポート】キャデラック初のPHV「ELR」は価格が高すぎたと、同社幹部が認める
Related Gallery:2014 Cadillac ELR Review

我々は最初から、キャデラック初の量産プラグインハイブリッドカー「ELR」に付けられた7万5,000ドル(約890万円)という価格があまりにも高すぎると思っていたが、そのような結論に至った人物がキャデラックの幹部の中に少なくとも1人はいるようだ。

キャデラック ELRは、この高い価格設定のせいもあって、米国における昨年の販売台数はわずか1,000台あまりという結果に終わった。キャデラックのCMO(最高マーケティング責任者)であるウーヴェ・エリングハウス氏は、最近行われた金融情報メディア『Bloomberg』のインタビューで、「確かに販売価格が高すぎました。同価格帯のライバル社のクルマより装備が充実していることを、お客様に分かっていただけると過信していました」と語っている。

GMは、顧客がELRに付けられた価格の高さに最初からためらっていたことを受け、ディーラーにELRの試乗を顧客に勧めてもらうよう5,000ドル(約60万円)を支給するプログラムを実施。顧客に対するELRの値引き額は、最大1万4,000ドル(約170万円)ほどにも達していたという。

確かにキャデラックにとって、ELRの価格設定は難題だった。あまりにも安くしてしまうと、同じGM内のシボレー「Volt(ボルト)」に近くなってしまうし、7万5,000ドルという価格はキャデラックの特別感を示すことになると考えられていたのだ。「キャデラックというブランドがどれだけ先進的であるかを表したかったのです」と、エリングハウス氏は『Bloomberg』に述べている。

キャデラックは現在、2016年モデルにさまざまな変更を施すことで、ELRの評判回復を図っている。パワートレインの出力を25%向上させるほか、標準装備をさらに増やし、価格も約9,000ドル(約110万円)値下げするという。これらの施策はこの高級プラグインハイブリッドカーの印象アップに貢献することだろう。



By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】キャデラックの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!