Golf R variant

フォルクスワーゲングループ ジャパン 株式会社(代表取締役社長:庄司 茂)は、5月16日、東京お台場で開催中の"Volkswagen Fest 2015"の会場で、「ゴルフ」のステーションワゴンとしては 史上最強となる「Golf R Variant(ゴルフ アール ヴァリアント)」と同モデルの導入記念限定車「Golf R Variant Launch Edition(同 ローンチ エディション:100 台)」を同時発表し、受注をはじめる。

今回導入する「Golf R Variant」もハッチバックの「Golf R」と同じく、「Volkswagen R GmbH」が手掛ける。また、4輪駆動システムの採用によるラゲッジスペースへの影響は皆無で、通常のゴルフ ヴァリアント同様、605ℓから 最大で 1,620ℓの積載量を確保し、ステーションワゴンとしての積載性・機能性も高次元で両立。
「Golf R Variant」にも「Golf R」譲りの280psの最大出力と380Nm の巨大なトルクを発生するパ2リッターTSIエンジンとフルタイム四輪駆動システムの4MOTION、20mm ローダウンした「R」専用スポーツサスペンションなど、"R"の名に恥じないパワートレインとサスペンションを採用。今回の「Golf R Variant」には、ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)やリヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減 ブレーキ機能)を「Golf」シリーズとして初めて採用。また、100 台の導入記念限定車である「同 Launch Edition」には、カーボン調の2トーン(モダングレー&ブラック)ナパレザーシートと、足元を引き締めるブラックペイントの19インチアルミホイール(リム部に"R"のロゴマークとブルーのストライプ入り)を専用装備。
価格は「Golf R Variant」が559万円(税込)、「Golf R Variant Launch Edition」が 581万8千円(税込)。

■フォルクスワーゲン 公式サイト
http://www.volkswagen.co.jp/ja.html