Related Gallery:Audi Q3 Press Conference

アウディ ジャパンは12日、マイナーチェンジしたコンパクトSUV「Q3」およびその高性能版「RS Q3」の日本導入を発表。5月21日から全国のアウディ正規ディーラーを通じて発売する。

アウディが「プレミアムコンパクトSUV」と称するQ3は、2011年の上海モーターショーで発表され、翌2012年に日本でも発売。当初はチューニングが異なる2種類の2.0リッター直列4気筒直噴ターボと、アウディの4輪駆動システム「クワトロ」の組み合わせのみだったが、2014年に1.4リッター直列4気筒直噴ターボ・エンジンを積む前輪駆動モデルが追加された。今回のマイナーチェンジでも基本的にパワートレインのラインアップは変わらないが、2種類の2.0 TFSIエンジンでパワーと燃費の両方が向上している。



従来は「Q3 2.0 TFSI クワトロ 170PS」と呼ばれていたモデルの最高出力は、170ps/4,300〜6,200rpmから180ps/4,000〜6,200rpmへ、最大トルクは28.6kgm/1,700〜4,200rpmから32.6kgm/1,400〜3,900rpmへアップ。上級グレードの「Q3 2.0 TFSI クワトロ 211PS」も、最高出力211ps/5,000〜6,200rpmから220ps/4,500〜6,200rpmへ、最大トルク30.6kgm/1,800〜4,900rpmから35.7kgm/1,500〜4,400rpmへ、同様に向上している。特にトルクが大幅に増強し、しかも発生回転数が低くなっていることに注目したい。その上、JC08モード燃費も「Q3 2.0 TFSI クワトロ 180PS」となった前者が12.7km/Lから15.0km/Lに、「Q3 2.0 TFSI クワトロ 220PS」と呼ばれる後者は12.6km/Lから14.9km/Lに改善された。

アウディ ジャパンの方にその理由を尋ねたところ、「エンジン本体が機械的な変更を受けたわけではないが、主にECUが改良されている」とのこと。「これは無理してパワーを上げたわけではなく、燃焼効率を改善したことによるものなので、出力と燃費の双方が向上したのです」というお答えだった。さらに細かなパーツ等の見直しにより、日本仕様のカタログ値で10kgほど軽量化されている。また、特にリリースでは触れられていないが、足回りも「熟成が進んだ」という。「旧型オーナーが乗ってみればすぐに感じると思う」そうだ。






また、ご覧のようにエクステリアも、文字通り"フェイス・リフト"と呼べるような変更を受けた。フロント・グリルの周りにヘッドライトからつながるシルバーのフレームが付き、より立体的な造形となっている。展示車は「S line」パッケージ仕様だが、標準仕様では両サイドの黒いエアインテーク風ガーニッシュが小さくなったため、さらにグリルの"押し出し感"が増した。今後、アウディの「Q」シリーズは、全てこのデザインが採用されるそうだ。フロント・バンパーの変更により全長が15mm伸びて4,400mmとなった。また、ヘッドライトは標準のバイキセノン+LEDポジショニングライトに加え、ロービーム/ハイビームともLEDを使用したフルLEDヘッドライトがオプションで用意される。テールライトにも、ウインカーを作動させると光が進行方向に向かって流れるように点滅する「ダイナミックターンインジケーター」がやはりオプションで装備可能になった。この前後ライトを先進的なイメージにする「LEDパッケージ」を付けると、インテリアライトやラゲッジコンパーメントライト、さらにカップホルダーやスピーカーの照明までLED化されるそうだ。




そしてもう1つ、予想以上に販売好調なQ3のラインアップを強化する狙いか、今回の仕様変更を機に、1.4リッター前輪駆動モデルに、2.0リッター・モデルと同等のスポーツシートや3本スポーク・ステアリング、そしてエンジンやトランスミッションの走行モードが切り替えられる「アウディセレクト」を装備した「Q3 1.4 TFSI Sport」という新グレードが設定された。

高性能モデル「RS Q3」に搭載される2.5リッター直列5気筒ターボも、最高出力が従来の310ps/5,200~6,700rpmから340ps/5,300~6,800rpmへ、最大トルクも42.8kgm/1,500~5,200rpmから45.9kgm/1,600~5,300rpmへ向上し、これにより0-100km/h加速は0.7秒も短縮され、4.8秒になったという。もちろん燃費も11.5km/Lから13.0km/Lへと、約13%も改善された。こちらはフルLEDヘッドライトが標準装備される。

ボディ・カラーにも変更があり、これまでの特徴的な「サモアオレンジメタリック」等がなくなった。発表会場に展示されていた明るいブルーは「ハイナンブルーメタリック」という新色で、Q3の新たなイメージカラーでもあるらしい。



価格は「Q3 1.4 TFSI」が11万円値下げされて379万円。「Q3 1.4 TFSI Sport」は396万円。2.0リッター・モデルは、パワーと同様に値段も少々引き上げられ(スポーツシートが標準になるなど装備の変更もあったため)、Q3 2.0 TFSI クワトロ 180PSが469万円。Q3 2.0 TFSI クワトロ 220PSが539万円。そして「RS Q3」が771万円となっている(いずれも消費税込み)。1.4リッターの前輪駆動モデルは6速、4輪駆動の2.0リッター・モデルとRS Q3には7速の「Sトロニック」デュアルクラッチ式トランスミッションが組み合わされる。



実車を見ると、外観はこれまでのライトなクロスオーバーというイメージから、SUVらしい力強さが確かに増したように思われた。パワートレインの改善は乗るとさらに顕著だろう。記者発表会にはモデルの道端ジェシカさんも登場し、アウディ ジャパンの大喜多社長とトークショーを行ったが、話の内容は特にAutoblog読者の皆様の興味を引くようなものでもない(道端さんはお綺麗でしたが)。ご主人がF1ドライバー(ご存じ、マクラーレン・ホンダジェンソン・バトン選手)ということもあるためか、ご本人はあまり運転されないそうだ。

新型アウディ Q3の詳しい情報は、以下のリンクから公式サイトをご覧いただきたい。


アウディ Q3
http://www.audi.co.jp/jp/brand/ja/models/q3/q3.html

アウディ RS Q3
http://www.audi.co.jp/jp/brand/ja/models/q3/rsq3.html




By Hirokazu Kusakabe

【PR】アウディ Q3の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!