【ビデオ】2016年型フォード「マスタングGT」に、ボンネットのウィンカーが復活!
2016年型フォード「マスタング」の新たなティーザー映像が公開された。わずか10秒の短い映像には、1960年代のマスタングを思わせる、ボンネットのベントに搭載されたウィンカーが映っている。

1967年、フォードはマスタングのオプションとして、フロントガラスの方に向かって2箇所の排熱ベントが開けられたボンネットを発売した。ベントの開口部にはオレンジ色のウィンカーが搭載されており、ドライバーが点滅するウィンカーを見ることができた。風変わりな仕掛けではあるが、当時の象徴として歴史に刻まれているこのギミックを、フォードは2016年型で復活させるようだ。

2016年モデルのマスタングGTには、すでに「カリフォルニア・スペシャル」と呼ばれるパッケージが設定されることも分かっている。2015年型でフルモデルチェンジしたばかりなので、たった1年でこれ以上の大掛かりな変更点はないと思われるが、間もなく届くはずのフォードからの発表を楽しみに待とう。




By Steven J. Ewing
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】フォード「マスタングGT」の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!