Related Gallery:Volkswagen GTI Clubsport Concept

フォルクスワーゲン(VW)は「ゴルフ GTI」が来年で誕生から40周年を迎えることを記念して、「ゴルフ GTI クラブスポーツ」を、5月13日からオーストリアで開催される「ヴェルターゼー GTI ミーティング」で公開する。ここでご紹介しているイラストはプロトタイプのものということだが、2016年の初めには、少なくとも欧州市場で市販モデルが発売される予定だ。

このゴルフ GTI クラブスポーツは本質的には、好評価を得ているホットハッチ「ゴルフ GTI」と、さらに高性能な「ゴルフ R」の中間に位置するモデルとなる。エンジンの最高出力を比べてみると、ゴルフ GTI パフォーマンス(日本では限定販売)が230psで、ゴルフ Rが280psであるのに対して、GTI クラブスポーツは265ps。オーバーブースト機能によって短時間であればさらに10%のパワーアップが可能だという。

メカニカルなアップグレードに加え、エクステリアもGTIよりアグレッシブなデザインになるようだ。イラストを見ると、フロントはバンパーやメッシュのロア・グリルが変更され、左右両サイドにストレーキが追加されているのが分かる。リアはルーフ・スポイラーとディフューザーがやや大型化されている。VWによると、インテリアも標準モデルのGTIと「差別化される」という。

北米VWの広報担当マーク・ギリーズ氏に訊いてみたところ、残念ながらゴルフ GTI クラブスポーツが「米国で販売される予定はない」とのこと。今のところこのモデルに関してVWから発表された情報は、ドイツ語で書かれたプレスリリースだけ。日本市場への導入についても現段階では不明だ。


翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ゴルフGTIの特別モデルの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!