トヨタ 2000GTからフェラーリ 458まで、新旧の名車が走った「オールドナウ・カーフェスティバル」
今年も5月5日のこどもの日に、茨城県の筑波サーキットで「コカ・コーラ オールドナウ・カーフェスティバル」が開催された。1986年に始まったこのイベントはその名前の通り、"幻の名車"と呼ばれる1960年代の「トヨタ 2000GT」から、最新のスーパー・スポーツ「フェラーリ 458スペチアーレ」まで、国産車・外国車を問わず様々な年代のクルマが集まり、そして実際にサーキットを走行する姿が見られる。会場で見掛けたクルマを一部ご紹介しよう。



フェラーリは、歴代のV8モデルをベースとするサーキット専用車「チャレンジ」シリーズが本気で競い合う「フェラーリ・カップ」レースと、「エンツォ」「F40」など希少なモデルの音や走る姿が楽しめる、フェラーリクラブジャパンによるデモランという2種類の走行イベントが行われる。この日、最速のフェラーリは切替隆喜選手のドライブする「458 チャレンジ」で、午前中のキャリブレーションで57秒040というタイムを記録した。フェラーリクラブジャパン会長の切替優太選手が乗る「F430 チャレンジ」は遅れることコンマ9秒の57秒928がベスト。ベース車の性能差を考えると大健闘。



フェラーリが創立40周年を記念して1987年に限定生産したF40は、今年は2台が参加。そのうち1台は「コンペティツィオーネ」仕様だが、これでもちゃんと後ろにはナンバープレートが付いている(前はサーキット走行に備えて外されていたが)。



ミニカーから雑誌、レーシング・ウェアやシューズまで、豊富なグッズ販売の点とを覗くのも楽しい。こちらには「テスタロッサ」とその後継「512TR」が2台揃って展示されていた。



ポルシェはクラシックな「356」から各年代の「911」、しかも「RS」や「GT3」など硬派なモデルも数多い。この日の最速ラップ・タイムを記録したのは写真の2004年の996型「911GT3RS」で、1分02秒161だった。



グループロータスジャパンレーシングによるサーキット・ランは、1960年代の「エラン」から、現代の「エリーゼ」まで、ずらりと並ぶパドックはフェラーリやポルシェとはまた違った迫力。これほど多くの「ヨーロッパ」や「エスプリ」が一度に見られる機会はあまりないだろう。英国製ミドシップ・スポーツカーの時代による変遷が一望できて興味深い。



毎年このイベントでは、オーナーズ・クラブの参加により、あのトヨタ 2000GTが10台以上も集まる。しかもヤマハが手掛けた直列6気筒ツインカムのサウンドが存分に聞けるのだから嬉しい。



一方、マツダ(東洋工業)が1967年に発売した世界初の量産ロータリー・エンジン搭載車「コスモスポーツ」の一群も、存在感と美しさでは負けていない。19番を付けた車両は、1968年にニュルブルクリンク84時間耐久レース「マラソン・デ・ラ・ルート」参戦車を再現したもの。



1986年以前に生産された車両に限定されるヒストリックカー・サーキットランでは、排気量7.0リッターの「コブラ 427 S/C」から、250ccの「BMW イセッタ」まで一緒に走る。



また、このイベントでは毎年、「マツダ ロードスター」によるワンメイクレース「ロードスター・パーティレース II」も同時開催される。ちなみにこの日のベスト・タイムは、堤 優威選手のNC1型「TC CORSEロードスター」が予選で記録した1分07秒936。



これだけバラエティに富んだクルマがサーキットを走る姿を1日で見られるイベントはそれほど多くないに違いない。特設ステージでは「手裏剣戦隊ニンニンジャー」のキャラクター・ショーや、"盲目のスーパー・ギタリスト"として有名な田川ヒロアキさんのスペシャル・ライブなども催され、きっと家族で訪れても楽しめるはず。来年は是非、筑波サーキットまで足を運んでみてはいかがだろう?

コカ・コーラ オールドナウ・カーフェスティバル 公式サイト
http://www.oldnow.net/



By Hirokazu Kusakabe

【PR】トヨタ 2000GTの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!