BMW「M3」に新色が登場、テールライトはフルLEDに
Related Gallery:2016 BMW M3 Refresh

BMW「3シリーズ」新しいモデルが登場し、内外装もアップデートされることが発表されたばかりだが、それと同時にパフォーマンス・モデルの「M3」にも微調整が施されることが分かった。

BMWの広報担当、Hector Arellano-Belloc氏がM3のアップデートについて、我々Autoblogに語ってくれたところによると、まずエクステリアに関してはテールライトがフルLED化されるとのこと。ボディカラーはBMWのカスタマー・オーダー・メード・プログラム「BMW Individual」から、これまでのタンザナイト・ブルー・メタリックと、アズライト・ブラック・メタリックに加え、スモークド・トパーズ・メタリックと、シャンパン・クォーツ・メタリックの新色が選べるようになる。エンジンに変更はなく、最高出力431ps、最大トルク56.1kgmを発揮する3.0リッター直列6気筒ツインターボが引き続き搭載される。

インテリアに関しては、3シリーズと同じLTEによる通信が可能な最新ナビゲーションシステムが搭載され、クロームのアクセントも追加される。

Arellano-Belloc氏は「まだ新しいモデルなので、M3の変更点は最小限に留まった」と語っているが、3シリーズに採用された新技術が遅れることなくM3にも適用されることからも、このパフォーマンス・セダンを常に3シリーズの頂点に位置するモデルにしておきたいというBMWの強い意志がうかがえる。


By: Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】BMW「M3」の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!