nissan LANNIA

日産自動車(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は、「第16回上海国際モーターショー」にて初披露された「LANNIA」(ラニア、中国名:藍鳥)が、同モーターショーで世界初公開された全109モデルの中から、「Best New Model to Come Award」を受賞した。

2013年と2014年に中国で披露されたコンセプトカー「FRIEND-ME」と「LANNIA Concept」を進化させた「ラニア」は、将来のリーダーとなる中国の若者向けにデザイン・開発された日産初の量産モデルで、中国の若者世代は2015年末までに自動車購入者の約半数を占めると予測されている。

nissan LANNIA nissan LANNIA

中国の若者のニーズを理解した若手中国人が実際にデザイン・開発に携わった「ラニア」は、この世代のニーズである'コネクティビティ'(つながり)を実現する技術の搭載に加え、同車の外観デザインにはスポーティでダイナミックなキャラクターが表現されており、最新の日産デザインの特徴であるVモーショングリルやブーメラン型のLEDヘッドランプシグネチャーが採用されている。

nissan LANNIA

■日産自動車 公式サイト
http://www.nissan.co.jp