Related Gallery:Toyota RAV4 for Rally America

ラリーカーは一般的に市販のハッチバックをベースにすることが多いが、トヨタは「RAV4」で今年のラリー・アメリカに参戦することを発表した。

5月2日にラスベガスで開催されたモンスター・エナジー・スーパークロス選手権の会場で初公開されたこのRAV4は、市販車をベースにラリー参戦用に仕立てられ、2WDオープン・クラス(そう、前輪駆動なのだ)に出場する。パワートレインは市販モデルと同じ2.5リッター直列4気筒エンジンを搭載し、最高出力176hp、最大トルク23.8kmgというスペックも変わらない。ラリー参戦のために変更された点は、競技に不要な装備を取り外すことで約230kgほど軽量化されたのをはじめ、室内にはロールケージを装備、215/75R15サイズのBFグッドリッチ製オールテレインタイヤを装着し、前後ともTEIN製サスペンションでアップグレードされているという。

このRAV4のステアリングを握るのは、伝説的レーサーとして知られるロッド・ミレンの息子であり、リース・ミレンを兄に持つライアン・ミレン。ライアンがトヨタ車でオフロードを走るのはこれが初めてではない。すでに昨年のBaja(バハ)1000に、トヨタ「タンドラTRDプロシリーズ」で参戦し、勝利を収めている。

このRAV4は、6月13〜14日に行われるアイダホ・ラリーで初戦を迎える。詳しく知りたい方はプレスリリース(英語)をどうぞ。

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】トヨタ「RAV4」の改造を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!