Volkswagen Golf alltrack

 ボルボXC70スバル レガシィ が先鞭をつけ、アウディ オールロード クワトロにてブレイクした、ワゴンボディと4WDを組み合わせて外装にオフローダー的な加飾を施したモデルのフォルクスワーゲン版は「オールトラック」の名で呼ばれる。そのパサートに続く第二弾となるのが、新登場のゴルフ オールトラックだ。

Volkswagen Golf alltrack Volkswagen Golf alltrack

 ベースとなるのは言うまでもなくゴルフ ヴァリアント。最低地上高が20mmかさ上げされたボディには、専用のハニカム形状となるラジエーターグリル、フロント&リアバンパー、そして前後のホイールアーチモールにルーフレールなどが装着されて、いかにもオフローダー的なタフな雰囲気が演出されている。

Volkswagen Golf alltrack Volkswagen Golf alltrack

 率直に言って面白みには欠けるゴルフ ヴァリアントに対して、上質感はそのままにカジュアルな魅力をプラスしたこのスタイリング、印象は上々だ。そもそもクオリティの高さは折り紙付きなだけに、ちょっとの工夫でグンと栄えるようになる。試乗車の赤のボディカラーも、とても良く似合ってはいないだろうか?

Volkswagen Golf alltrack

 インテリアの違いは、ロゴ入りの専用シート、ステンレス製ドアシルガードなどを採用している程度。更に本国仕様では、カーナビゲーションシステムや各種安全装備といったオプションの多くが標準装備になっている。

Volkswagen Golf alltrack Volkswagen Golf alltrack

ワンタッチで倒せる後席シートバックを倒して得られる最大1620ℓのラゲッジスペースなど、ユーティリティに関しては、ゴルフ ヴァリアントと何ら変わるところはない。

Volkswagen Golf alltrack Volkswagen Golf alltrack

 エンジンはスペインで行なわれた今回の国際試乗会では最高出力184psを発生する2ℓディーゼル ターボ=2.0TDIのみが用意されていたが、日本向けはゴルフとしては初搭載の1.8ℓ直噴ターボ=1.8TSIが設定される。スペックは最高出力180ps、最大トルク280Nmで、6速DSGと組み合わされる。

Volkswagen Golf alltrack

 駆動方式は4MOTIONと呼ばれるフルタイム4WDのみで、前輪駆動の"なんちゃって"仕様の用意は無い。普段はほぼ前輪駆動として走行し、必要な時だけ後輪にも駆動力を伝達するハルデックスシステムは最新世代となり、前輪が空転するよりも先に後輪へ駆動力を伝えて高い安定性を実現する一方で、不要な時にはリアアクスルを切り離してフリーにすることで燃料消費を抑える。

Volkswagen Golf alltrack Volkswagen Golf alltrack

 フォルクスワーゲンのユーザーにとってはお馴染みと言える、電子式デファレンシャルロックのEDL、旋回中に内側の車輪に軽くブレーキをかけることでアンダーステアを殺すXDSも標準装備。更にドライビングプロファイル機能には、スロットルやABSの制御を変更し、急坂の降りる際に効果を発揮するヒルディセント機能が起動する「Offroad」モードが追加された。
Related Gallery:Volkswagen Golf alltrack

 一般道の走りは、いつものゴルフ ヴァリアントとほとんど変わるところはない。堅牢なボディに、しなやかにストロークするサスペンションの組み合わせは、時折大きなひび割れも現れる荒れた舗装や大きなうねりにもビクともせず、気持ち良く走れる。車高アップのネガがおよそ感じられないのにも感心させられてしまった。コーナーで腰砕けになるような感覚は皆無である。

Volkswagen Golf alltrack

 正直に言うと、オフロードでの走りにはそれほど期待していたわけではなかった。最低地上高に余裕がもたされ、且つ4WDだとは言っても、足元はごく普通のサマータイヤであり、しかもコレはあくまでゴルフだからだ。

Volkswagen Golf alltrack Volkswagen Golf alltrack

 ところが試乗ルートに組み込まれていた専用コースで試すと、その実力に大いに目を見張ることとなった。激しく揺さぶられるほどデコボコしたところでも、豊かなストロークのおかげでタイヤが地面から離れず、とても頼もしいし、下を見るだけでも足がすくむような急な下り坂も、自動的に起動するヒルディセント機能のおかげで、滑り落ちるような素振りすら見せずに確実に降りていくことができる。

Volkswagen Golf alltrack

 そして何より驚いたのが登坂力の高さ。助走をつけて上がっていくような場面で余裕なだけでなく、かなりの上り勾配で停止状態から発進させる時や、ゆっくりと前進中に岩などを乗り越える際にも、アクセル操作に対するトルクの出方が穏やか且つ力強くてまさに絶妙なのと、DSGを半クラッチ的に滑らせることで確実なトラクションを引き出してくれるおかげで、実に粘り強い登坂力を発揮するのだ。

Volkswagen Golf alltrack Volkswagen Golf alltrack

 確かに、湿式クラッチを使ったDSGならば、必要とあらばこうして滑らせながら使っても耐久性に心配は無い。まるでMTで挑む熟練ドライバーのような妙技を、いとも簡単に繰り出すことができてしまうのである。
 見た目が魅力的だというだけに留まらず、実際にツカエる走破性をしっかり身につけているゴルフ オールトラック。おそらく、オフロードに足を踏み入れようという人はほとんど居ないのだろうが、しかしいざという時に頼れる1台であることは間違いない。

Volkswagen Golf alltrack

 考えてみれば日本仕様のゴルフにはこれまで、ゴルフRにしか4WDモデルが存在していなかった。実は本国仕様でもDSG+4MOTIONという組み合わせを、そもそも選ぶことができなかったのだ。その意味でも待望の1台と言えそうなゴルフ オールトラック。いわゆる"生活四駆"的なニーズに応えるべく、価格もかなり攻めてくるというから楽しみにしたい。

Volkswagen Golf alltrack Volkswagen Golf alltrack

 但し、せっかくこれだけのコスメティックと走破性を備えているのだから、それだけに留まってはもったいない気もする。優れた実用車にプラスアルファの色気と実力を備えた存在として、これまでのゴルフ、ゴルフ ヴァリアントとは違ったユーザーにも十分アピールするはずだ。

Volkswagen Golf alltrack

■フォルクスワーゲン 公式サイト
http://www.volkswagen.co.jp/ja.html