MOTOGP JEREZ 4

Movistar Yamaha MotoGPのJ・ロレンソが、第4戦スペインGPでついに今季初優勝。ロレンソは、決勝で一度もトップの座を譲ることなく、5.5秒の大差をつけチェッカーを受けた。チームメイトのV・ロッシは、3位に入り、自己通算200回目の表彰台を獲得した。

MOTOGP JEREZ 4

ロレンソは、ポールポジションからホールショットを奪うと、序盤から積極的に攻めてリードを拡大。M・マルケス (ホンダ)がひとりついてきたが、ラップ目でサーキットレコードとなる1分38秒735をマーク。これでマルケスを引き離すと、その後は1分40秒台をコンスタントにキープし、最終的にはM・マルケスに5.576秒もの大差をつけ他を寄せ付けない完璧な走りでチェッカーを受けた。

MOTOGP JEREZ 4 MOTOGP JEREZ 4

V・ロッシは、初戦から4戦連続、同時に自己通算200回目の表彰台を獲得した。
Related Gallery:MOTOGP JEREZ 4

MOTOGP JEREZ 4

1位 J・ロレンソ選手談
「ついにこのような素晴らしい仕事を成し遂げることができ、自分自身とチームを誇りに思う。開幕からここまで いくつもの問題にぶつかり、自分たちだけではどうにもならないこともあった。ドーハでのヘルメットの不具合、 オースティンでの体調不良、アルゼンチンではタイヤの問題などが続き、本来のポテンシャルを発揮できないまま だった。でも今回はようやく、ウイークを通じて好調をキープすることができたんだ。とくにブレーキング。これ までは、決勝になるとブレーキングのフィーリングが悪くなってしまうことが何度かあったが、今日はそれも起こ らず、しっかりと遅らせて順調にコーナーに入り、コーナースピードを高く保って加速。すべてがうまくいった。 これができるときは、その好調を最大限に生かし、必ず優勝をつかみとらなければならない。池にも飛び込もうか と思ったけれど、僕はもう28歳だ...。23のときとは違うから、最後のところで踏みとどまり、マシンのほうへと 戻った。また今日は母もサーキットに来て、僕の優勝を見てくれた。ちょうど母の日だから特別なプレゼントに なったと思う。そして明日は28歳の誕生日を迎える。バレンティーノは毎回、表彰台に上って好調をキープしてい るが、今日はいくらかポイントを挽回できたことが大きな成果。またそれ以上に、自分自身が好感触と速さと本来 のポテンシャルを取り戻すことができたことがうれしい。今はこの時間を楽しみたい」

04 GP Jerez de la Frontera, 30 de abril a 3 de mayo de 2015. MotoGP; mgp; motogp

2位 M・マルケス選手談
「自分のライディングスタイルとサーキットのキャラクターが合わず、ヘレスでは少しだけ苦戦します。今年はそれに加えてケガもあり、厳しいレースとなりましたが、目標を達成できました。序盤はホルヘ(ロレンソ)についていきました。左手小指のケガはそれほど問題はなかったのですが、その左手をかばって走るため、5周目くらいから右腕が強張ってきました。それからはつらかったですが、とにかく、最後まで完走しようと決めました。レース中盤はバレンティーノ(ロッシ)が近づいてくるのが分かったので、"アルゼンチンでのようなことが繰り返されるんじゃないか"と思いました。そこで、力を振り絞ってギャップを維持しました。ポイントリーダーとのギャップを少し縮めて、ヘレスをあとにすることができます。しかし、ホルヘにはアドバンテージを広げられてしまいました」

MOTOGP JEREZ 4

3位 V・ロッシ選手談
「難しいウイークだった。初日の金曜日からずっとセッティングが決まらず、自分の力を出し切ることができずに 苦しかった。今朝のウォームアップのあとも、何とかセッティングを改善しようと最後まで努力を続け、その結果 としてこうして表彰台を獲得することができたんだ。だから決して悪くはない。でも決勝中はやはり、ホルヘやマ ルクについて行くことができなかった。とくにコーナー進入は100%の力で走れたわけではなかったんだ。一時は マルクとの差を詰めていくこともできて、1秒くらいまで縮まってきたので、そのまま最後までバトルを展開したい と、いや展開できると思っていたが、結局はそれもあきらめなければならなくなった。それでも何とかポイントを 獲得できたことは良かったと思う。開幕から4戦、2回の優勝を含めて4回の表彰台。今回もドビツィオーゾとの差 を拡大することができたしね...。でもどうやら今回から、ホルヘがまたチャンピオンシップの戦いに戻ってくるこ とになった。今はちょうど20ポイント差だけれど、シーズンは長いからまだポイントのことは気にしなくてもいい だろう。それよりもマシンのことを考え、毎回、しっかり戦える状態を維持したい」

■ヤマハ発動機 公式サイト
http://www.yamaha-motor.co.jp
■ホンダ 公式サイト
http://www.honda.co.jp