640馬力で1,010万円から! 新型キャデラック「CTS-V」が米国で間もなく発売
Related Gallery:2016 Cadillac CTS-V

キャデラックが、新型「CTS-V」の米国における販売価格を発表した。最高出力640hpを誇るこのスーパーセダンは、ドイツ・ブランドの競合モデルに対し、パワーのみならず価格面でも優位性を示すことになった。

CTS-Vの価格は8万3,995ドル(約1,010万円)からで、工場からディーラーまでの運送費995ドル(約12万円)は含まれない。これは、560hpのBMW「M5」より1万ドル(約120万円)、577hpのメルセデス・ベンツ「E63 AMG S 4MATIC」より1万8,000ドル(約216万円)、そして560hpのアウディ「RS7」より2万5,000ドル(約300万円)安い。要するに、CTS-Vは第3世代に突入してもなお、最もお買い得なハイパフォーマンス車であり続けるということになる。

「Vシリーズは、最高レベルのドライバーズ・カー作りを実践するキャデラック・ブランドの頂点を象徴するもの」と、キャデラックのトップを務めるヨハン・ダネイシン氏はプレスリリースで述べている。また、「新型CTS-Vは基本的にクルマ2台分の性能を兼ね備えている。それは公道で洗練された乗り心地が味わえるラグジュアリー・セダンと、サーキットで畏るべきパフォーマンスを発揮するスポーツカーだ。高級車の場合、その卓越した性能にアクセスできる人は限られてしまうが、Vシリーズはエリート・クラスのクルマと同等、あるいはそれ以上の実力を持ちながら、お求めやすい価格設定としている」とのこと。

この高性能にしてお値打ち価格の新型CTS-Vは、現在ディーラーで注文を受け付けており、デリバリーは今年の夏の終わりごろになる予定。GMジャパンの公式サイトにも紹介されているので、日本市場導入も期待できそうだ。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】CTS-Vの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!