ジェフ・ゴードン選手が今年のインディ500のペースカー「コルベット Z06」ドライバーに!
Related Gallery:Jeff Gordon and Chevrolet Corvette Z06 pace car at Indy

シボレー「コルベット」は、100年の歴史を持つインディ500で最も多くペースカーに起用されてきた。5月24日(日)に開催される今年のインディ500では、NASCARドライバー、ジェフ・ゴードンがドライブする「コルベット Z06」がスタートを先導する。

最高出力650hpを発揮するこのZ06は、"Greatest Spectacle in Racing(最も壮観なレース)"と称されるインディ500史上、2012年の「コルベット ZR1」、1996年のダッジ「ヴァイパー GTS」を凌ぎ歴代最速・最強のペースカーとなる。特別仕様のグラフィックが施されたアークティック・ホワイトのボディには、アドレナリン・レッドのインテリアが組み合わされ、ペースカーならではのモディファイとしてストロボライトを装備する。今年が第99回目となるインディ500で、コルベットがペースカーを務めるのはこれで13回目だ。

ドライバーのゴードンは、スプリントカップ・シリーズのチャンピオンに4度輝くなどNASCARファンにはお馴染みの選手だが、インディ500の会場となる米インディアナポリス・モーター・スピードウェイにもゆかりがある。ここで開催されるスプリントカップ・シリーズ「ブリックヤード400」で、1994年の第1回レースも含めて5度も優勝しているのだ。このコースで開催されてきた同一のレース・シリーズで5勝するという記録は、このゴードンと、F1アメリカGPを5度制したミハエル・シューマッハの2人しか達成していない(ちなみにインディ500の最多優勝記録は、A・J・フォイト、アル・アンサー、リック・メアーズの3人がそれぞれ達成した4勝)。

ゴードンはインディ500の当日、米シャーロット・モーター・スピードウェイで開催されるスプリントカップ・シリーズ「コカ・コーラ600」に参戦もするというのだから、忙しい日曜日になりそうだ。さらに詳しく知りたい方は、プレスリリース(英語)をどうぞ。


■関連ビデオ



By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】コルベットの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!