TOYOTA MIRAI

もっとも驚いたこと、それはMIRAI(ミライ)というド直球そのものの、ある意味では自動車産業界への挑戦状とも取られるようなネーミングを、非常にトヨタらしい生真面目さで裏切る真っ当なセダンとしての質感の高さであった。

TOYOTA MIRAI TOYOTA MIRAI

先進技術を織り込んだクルマは時に、ちょっと過激な味付けをすることで"これまでにない新しい乗り物"というイメージを牽引しようとするきらいがある。つまりそれはメーカーや技術者のドヤ感なのではないかな。『こんなオモロいクルマ作ったったで、ドヤ!』である。たとえば記憶に新しいのは、BMWのピュアEV、i3なんか、まさにそんな感じだった。BMWが考えるサスティナビリティ=CO2を排出しないシティーコミューターとして鮮烈なデビューを飾ったi3だが、ブレーキペダルをほとんど使わなくてもグンと減速するような強い回生ブレーキや、ほんの少しの踏み込みで音速か?!ってくらい飛び出す鮮烈なトルクで演出されており、EV分野でもBMWなりの"駆け抜ける歓び"を提供しようという良い意味でのメーカーとしての欲が感じられたものだ。もちろん、こういう取り組みはそれはそれで素晴らしいし、こちらとて乗り甲斐のある楽しい演出。大歓迎である。

しかしMIRAIはまっことその辺フツウな風に味付けられていて、それにひどく驚いたのだ。
『演出しようと思えば、いくらでもできました。でも、MIRAIはこれから沢山のお客様に選んでいただくクルマであらなければいけない。普通であることこそが、MIRAIの目標でした』
いかに"普通なこと"に感激したかを伝える私にそう言ったのは、チーフエンジニア田中義和氏である。そこにトヨタの、次のエコカー、次のスタンダードを目指しているのだという不気味なまでの本気の覚悟を感じたのだった。

TOYOTA MIRAI

MIRAIはトヨタ自動車が世界で初めて量産市販化に成功した、セダンタイプの燃料電池自動車だ。酸素と水素の化学反応で発電した電気を駆動源にする。燃料電池という語感がコトをややこしくしているのだが、要は水素を燃料にして走る電気自動車の一種だ。

TOYOTA MIRAI TOYOTA MIRAI

大きな相違点として、電気自動車(EV)はバッテリーに蓄電した電力にてモーターを動かしているが、燃料電池車は燃料電池を使って自ら発電しながら走行できるということ。これにより、MIRAIはEVのように巨大なバッテリーユニットを必要とせずしてJC08モード約650kmの航続が出来るため、搭載されているバッテリーの容量に航続距離が左右されてしまうという、EVならではのウイークポイントを突破したことになる。

TOYOTA MIRAI TOYOTA MIRAI

ちなみに気になる水素の価格だが、最近都心の芝浦に超オシャレな水素ステーションを出した岩谷産業が1,100/kg円で、JX日鉱日石エネルギーが1000円/kgで販売をすることを発表しており、MIRAIだと空から満タンにして約4,300円程度。最初はガソリンの価格と大差ないように調整されるため、どこで買ってもそう大差はない。
Related Gallery:TOYOTA MIRAI

MIRAIには、ガソリンタンクのかわりに2本の高圧水素タンクがリアシート下に搭載され、エンジンのかわりにモーターがフロントに搭載されている。

TOYOTA MIRAI TOYOTA MIRAI

走行時、フロントのエアインテークから吸い込まれた空気は高圧水素タンクから送り出された水素とともに燃料電池(FCスタック)に送り込まれ、電気と、そして副産物となる水(純水)が生まれる。
水は必ず出来てしまうものなので、走行中など自動的に車外に排出されるのだが、これが時として意外にもえらい勢いで出るので、燃料電池車の後ろで走っているクルマはちょっとビックリしてしまうかもしれない。

TOYOTA MIRAI

実はMIRAIには、ステアリングの左側根元あたりにこのH2O排出ボタンがあって、それを押すことで意図的に水を排出することも可能だ。これはなにも後方からオラオラドケドケオーラで迫ってくるヤカラ撃退法としてイッパツ水の洗礼をお見舞いするためではむろんない。マンションのタワーパーキングなどに駐車する際、自分よりも下層に停められたクルマにうっかり水をかけてしまわないように事前に水を排出させておくため、なんだそうな。きめ細やかなのである。
その水はテールパイプ、つまりガソリン車でいうところのマフラー部分から排出される。走行で排出されるのは、その水だけだ。

TOYOTA MIRAI TOYOTA MIRAI

そんなお水をチョロチョロと排出しながら、MIRAIは思わず「うわ、ええやん!」と声に出してしまうようなカッチリした走りで公道に滑り出す。

TOYOTA MIRAI

停止状態からアクセルを踏み込むときのトルクの出方のリニアな感じは、変なたとえだけどNAエンジンのなめらかな出力と比べてもなんら遜色のないものだった。
これは最近のハイブリッド車にも言えるが、このての"万一の衝突によって構造的なアレコレが壊れると非常にヤバいことになる"クルマには、相当のボディ補強がなされている。ハイブリッドだとバッテリーなんかがそうだし、MIRAIではむろんそれが高圧水素タンクにあたる。例外なくMIRAIにもそれを守るための剛性アップが普通車の比にならないくらいの勢いでなされていて、その剛性にアッパーボディを合わせ込むためにも、レクサス譲りの接着・溶接技術が使用されているのだ。というわけでその剛性感はハンパない。振動のなさ、静かさはまるで超高級セダンの様相だ。正直、クラウンはおろかレクサスさえも喰うんじゃないかと思うくらいの上質な走りである。地面にスッと吸い付いて、フラットに乗員を運んでゆく。
逆に気になったのは繊細すぎるハンドリングだ。

TOYOTA MIRAI

とくに緩いカーブをゆっくりと曲がって行くときの、どうやってもニュートラルを掴めないような超ライトなフィーリングは、かなり操作が難しい。軽すぎていわゆるソーイングのような状態を引き起こしてしまうのだ。ただしここは開発陣も知覚しているウイークポイントだそうだから、我々の元にデリバリーされる頃には解消されているに違いない(と大いに期待!)

TOYOTA MIRAI

大体、走り出す前からしてその姿の完成度も高い。通常の市販車であれば、コスト面からガッツリと削られそうな内外装のディテイルの美しさは、納車3年待ちとも言われる人気の秘密を後押しするに充分な仕上がりだった。
真正面から見れば、ボンネットとバンパーの隙間に優しくサンドされるように配されたライトは、まるで今にもこぼれ落ちそうに潤んだ水滴のよう。表面張力ギリギリでキープされている朝露のように瑞々しい印象だ。

TOYOTA MIRAI TOYOTA MIRAI

しかしサイドに回り込んでみれば、フロントのTマークからスタートしたブラックのラインはライトをも内包し、前後方向にデザインを引っ張るかのようなシャープでストレッチ性のある視覚効果に様変わりする。この立体的な造形のおかげで、これまでのどの国の市販車とも違う先進感を叶えているようだ。

TOYOTA MIRAI

さらに内装の作り込みも感嘆に値する。自動車先進国といわれている欧州も、ハリウッド仕込みの独自のラグジュアリーがお得意の北米も、こういう有機的なラインをクルマのダッシュボードにあしらうことは出来ないだろう。トヨタらしい、いや日本らしい柔らかでオーガニックな曲線がそこには大胆に取り入れられた。

TOYOTA MIRAI TOYOTA MIRAI

その横方向のシルバーの曲線に挟まれるようにしてセンターコンソールには3つものモニターが置かれた。上からシステムなどをチェック出来るマルチインフォメーションディスプレイとグラフィックメーターが、そしてその下にはフラットな画面のナビゲーションシステムが、そしシフトノブの真下には静電式タッチパネルのエアコンコントロールパネル。こういう演出をNASAっぽい、未来っぽいと思うのは、宇宙に憧れた昭和世代だからなんだろうか。この内装は確かにプリウスの延長上に誕生したデザインだ。だけど、ちゃんと"未来"になっている。

TOYOTA MIRAI

今回ようやく実現した公道試乗においての個人的な注目点は、これほどのデザインのクルマが街から浮き上がってしまうこと=悪目立ちしてしまうことへの懸念だった。だって当初は官公庁にも納入される、生真面目なセダンなのだ。スポーツカーみたいに趣味性の高いクルマじゃないんだから、それほど目立っても困ることだってあるような気がして。

TOYOTA MIRAI TOYOTA MIRAI

しかしこのMIRAIの試乗中、実感としてそこまで激しい反応は一度もされなかった。
この街への馴染み感、きっと計算されたものであるだろうけど、なかなかに素晴らしい。初期ロットがほとんど官公庁に納入されたことで、このMIRAIをハナから偉いさん向けに作ったと報じているところもあるが、事実それは間違いなのだそうだ。世界で初めての量産セダン型燃料電池自動車だからこそ、膨大なコストはかかっている。トヨタだって慈善事業じゃないから売れなきゃ困るけども、販売価格や水素の充填の難しさ、水素スタンドの少なさから誰でもが買えるものだとは限らない。それで最初は買ってくれそうな官公庁に、最初のロットを確約してもらったというからくりだそうな。

TOYOTA MIRAI

実は開発主査の田中氏は以前プリウスPHVを担当しており、生粋の先進車開発のプロ。クルマづくりだけでなく、市場や販売のノウハウも豊富なのだ。
あくまでも、一般のお客様に乗っていただくこと。田中氏は何度も繰り返していらした。のみならず、トヨタはこの水素系の特許を無料で公開することを発表している。
街から決して浮き上がりすぎない世界初のクルマ。もはや禅の心である。

■トヨタ 公式サイト
http://www.toyota.co.jp