2015年型フォード「シェルビー GT350 マスタング」は、137台の限定生産に
Related Gallery:2016 Ford Shelby GT350R: Detroit 2015

Related Gallery:2016 Ford Shelby GT350 Live Reveal

2015年型フォード「シェルビー GT350/GT350R マスタング」は、フォード初のフラットプレーン・クランクシャフトを採用したV型8気筒エンジンや、磁性流体を使った「MagneRide」ダンパーによるパフォーマンスで、すでにファンを熱狂させている。フォードは、これらのマッスルカーの生産を制限することで、高まる需要を少なくとも今年前半は維持しようと考えているようだ。今回の発表によると、2015年モデル・イヤー内に工場から出荷される台数は合計で137台に限定されるという。

シェルビー・マスタングの50周年を記念して発売される2モデルのうち、まずサーキット向けの2015年型「GT350R」は37台の限定生産となる。この数字は故キャロル・シェルビーに敬意を表すためだ。彼は1965年にレース用の(初代)GT350Rを、2台のプロトタイプと販売用35台の合計37台を生産しようと計画していたのだが、シリアル番号などが記録された資料によれば、工場から出荷されたのは34台に留まった。今回の限定生産はシェルビー氏の希望を叶えた形となる。

そして、標準モデルの2015年型「GT350」は100台が生産される。その内50台が「テクノロジー・パッケージ」として、ナビゲーション付き「Sync 3」システム、デュアルゾーン空調コントロール、レザー・シートなどを装備。残り50台の「トラック・パッケージ」にはエンジン、トランスミッション、ディファレンシャルのオイルクーラーと、ストラット・タワー・ブレースが装備される。

なお、この限定生産で2015年が示しているのは、通常の暦ではなくモデル・イヤーだけの話であるのをお忘れなく。自動車業界では数ヶ月後に2016年が始まる。そうすればさらに多くのシェルビー・マスタングが生産されるだろう。



By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】「シェルビーGT350 マスタング」の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!