【レポート】犬しか乗っていない状態のトラクターが高速道路に侵入!
英スコットランドのグラスゴー付近で、犬が"運転"するトラクターが高速道路に侵入し、あわや大事故という珍事が起きた。

スコットランドのタブロイド紙『The Courier』のウェブ版によると、「ドン」という名前の牧羊犬が4月22日の早朝、サイドブレーキのかかっていないトラクターに飛び乗った際、何かのはずみでトラクターが動きだし、M74高速道路へ乗り入れてしまった。間もなく、トラクターは中央分離帯にぶつかって停止。ドンは駆けつけた警察にリードを繋がれて、文字どおり"お縄になった"とのこと。今回の事故でケガ人は出なかったというから、まさに不幸中の幸いといえるだろう。



高速道路を監視するTraffic Scotlandが、その時の様子とドンの写真をTwitterに投稿している。ご迷惑をかけてしまったと言わんばかりの、なんとも申し訳なさそうな表情をご覧いただきたい。





By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】トラクターの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!