トヨタ「MIRAI(ミライ)」が水素燃料電池車初のNASCAR公式ペースカーに
Related Gallery:Toyota Mirai Pace Car

バンパーが触れ合う緊迫した接近戦と共に、V8エンジンの轟音は人々をレース場へと駆り立てるNASCARの魅力であり、カウチに座ってのテレビ観戦では味わえない醍醐味である。しかし、4月26日にバージニア州のリッチモンド・インターナショナル・レースウェイで行われたNASCARスプリント・カップ・シリーズ第9戦「トヨタ・オーナーズ400」では、観戦席の前列がいつもより静かだったようだ。なぜなら、トヨタの新型燃料電池車「MIRAI(ミライ)」がペースカーとしてデビューしたからだ。

ライトバーを装備し特別なカラーリングが施されたMIRAIは、NASCAR史上初となる水素燃料電池自動車のペースカーとして、レースカーをグリーンフラッグまで先導する役目を果たした。43台のレースカーを先導するのに求められる性能がMIRAIにあることを証明するため、前もってテストが行われたという。「MIRAIをリッチモンドでの重要なレースの先導に起用することは、トヨタのイノベーションと環境リーダーシップを披露するもう一つの方法になる」と、トヨタ・モーターセールスUSAのマーケティング、パフォーマンス、サービス関連部門の責任者であるエド・ルークス氏は語っている。

トヨタはこれまでもNASCARの観客たちに向けて、グリーン(環境)に貢献する姿勢を示したことがある。2009年のコカ・コーラ600では「カムリ ハイブリッド」がペースカーに起用された。また、同社の燃料電池技術は既にモータースポーツ界への進出を果たしており、昨年11月にはまだ車名が発表される前のMIRAIが日本で開催された新城ラリーに"00カー"として登場している。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】トヨタ「MIRAI」の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!