HONDA S660

公道で、めっぱいスペックを使い切って遊べるスポーツカーが出た。しかもソレ、贅沢なことに日本専売モデルなのだ。自分が作ったわけでもないのに鼻が高いのは、それが日本独特の規格を持つ軽自動車枠のクルマだという、なんとも言えない親近感によるところが大きいかもしれない。近所の子供がいきなりスターになっちゃった、みたいな感じかな。「あの子良く知ってるのよ~」なんて、気安く自慢する感覚に似ているかもしれない。日本人にとって軽自動車って、そういう気安さあふれるカテゴリーのクルマだと思う。しかしコレをただの軽自動車だと考えるのはあまりにもったいない。

HONDA S660

いよいよ、ホンダのS660が発売された。
オープンカーでミッドシップエンジン・リアドライブ。前後重量配分は45:55と、なかなかに勇ましいプロフィールを持つ。しかしエンジンはその名の通り660cc。ターボを備えるものの最大出力は軽四輪の自主規制値64psに留めた。それで本当に楽しいのか。先に言うけど、うん、とっても楽しかった!

HONDA S660 HONDA S660

よく考えてみると軽自動車のスペックだって、一般道では使い切るに余りあるものなのだ。特に高速道路ばかりをクルーズするようなシーンで使い倒すというわけでなければ、660ccの規格の中では、まだ掌の上をコロコロとされる余裕は残っているのである。

HONDA S660

日本には軽自動車という規格に該当するクルマがあって、軽四輪では総排気量660cc以下、全長3.400mm以下、全幅1.480mm以下、全高2.000mm以下、そして定員4名以下で貨物積載量350㎏以下、という数値に適合すれば黄色いナンバーが与えられ、そして税金や保険料の面でも優遇を受けられることになっている。特に年に一回支払いが義務付けられている軽自動車税に関しては、普通自動車の1リッター以下クラスで29.500円のところを軽自動車ならわずか10.800円で済むのだから、その恩恵は絶大だ。

HONDA S660

何を今更、と思うなかれ。その軽自動車ならではの強みを、スポーツカーに生かしたのがS660である。
試乗記事でカネカネ言うのも世知辛くてアレなのだが、正直な話、若者のクルマ離れの要因の一つとして、やはりコスト面での負担は無視できない問題だ。しかし軽自動車の維持費なら、飲み会を一回ガマンすればクルマが持てる、そう考えたのは若干26歳、このプロジェクトが立ち上がったときは23歳だったという、椋本陵LPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)だった。自身は本田宗一郎に憧れ、ホンダに入社したクルマ好きだが、学生時代に周囲の皆がそうであるとは言えなかったという。今回、このS660を開発するにあたって集結したメンバーも平均年齢30代。周囲のクルマ離れを実感している世代だ。

HONDA S660

でも、軽自動車なら自分たちも、そして若者も持てるんじゃないか。乗ってくれさえすればみんなクルマの楽しさをわかってくれるに違いない、そういう意味でも最強のカテゴリーが軽だと踏んだ。そして、年間3万円から4万円の維持費で済む、小さいスポーツカーを作り上げたのだという。
そう、このクルマは軽自動車でなければ実現しなかったのだ。
Related Gallery:HONDA S660

さて、そうして生まれてきたS660だったが、すでにアナウンスされているとおりセールスが好調すぎて大変なことになっている。
事前受注が3.100台、発売後2日で2.100台、発売後たったの4日で累計受注5.200台を記録してしまった。今オーダーすれば納車は9月以降となり、その肝心な予約日程さえも規制されている始末である(第二弾予約は4/16~4/22まで、第3弾予約開始は6月の予定)。いやはや、大変な人気だ。

HONDA S660

そのオーダーの内訳だが、上級グレードであるαが廉価グレードであるβに圧倒的大差をつけ9割を占め、トランスミッションは6MTは57.1%に対してCVTが42.9%とほぼ互角ながらややMTが優勢となった。
ちなみに軽自動車らしさというかオープンスポーツらしさはボディカラーの人気にもしっかり反映されていて、カタログのメインカラーリングになっている白"プレミアム スターホワイト・パール"の次点には、かの軽オープンスポーツ、同社ビートにも採用されていたイエローをリバイバルした、その名も"カーニバル・イエローⅡ"が付けていることに泣ける。S660、開発の相当初期段階では、そのビートを切り貼りして作り上げたという歴史も持っているのだ。この辺もしかしたら買うほうにもスジのズバッと通ったホンダイズムが継承されているのかと往年のファンはむせび泣くかもしれないが、いやいや単にシンプルに、この黄色は何の前知識もなく出逢ったとしてもハッとするような素敵な発色だから、だったりするのかもしれない。実際、クルマのデザインから浮きがちな黄色いナンバーとも、ベストマッチングなのだ。

HONDA S660

そして今回、ようやく一般にも販売開始ということで、待望の一般道試乗が叶った。公開された試乗ルートは生憎の雨で、せっかくのオープンカーのタルガトップを堪能できないのは淋しかったが、それはすでにプロトタイプで試乗しているし、ほかの試乗記にも詳しい。それよりも専用設計となる専用タイヤ、横浜ゴムの最高級スポーツタイヤ、ADVAN NEOVA(アドバン・ネオバ)をウエット路面で試せるチャンスがやってきたことに心ははやった。

HONDA S660

そもそもS660は素性のとてもいいクルマだ。クローズドコースにて発売前に行われた試乗会では、660cc+ターボという規格上の非力さを、軽量化と滑らかなアシで見事にスポーツカーに昇華させたのを味わわせていただいた。
サスペンション自体のフレキシブルでマイルドな動きは特筆モノで、剛性にこだわりまくったというボディの、前後サスペンション取付け部の強化やねじり剛性を確保したことからもたらされるなめらかかつ的確な減衰は、特に一般道でこそその恩恵を感じられるものだろうと楽しみにしていたのだ。さらに、そのどこまでいっても破綻しないウマい具合の電子制御、"アジャイルハンドリングアシストシステム"はハンドルを切り足すと内輪側を軽くブレーキでつまんでコーナリングをアシストしてくれるというものだが、これのさりげないサポートのおかげでパイロンスラロームのような、左右に大きく荷重移動を余儀なくされるような不安定な挙動でも、意外なほどにスッと鼻先が次のコーナーへ向かってくれるのも良かった。だから、コレも特に一般道では気になるところでもあった。
だって、このクルマを作った椋本LPL自らが『交差点を曲がっただけでも楽しいと思えるクルマにしたかった』って、自信満々に言うんですもの。

HONDA S660

果たして、試乗の結果は"参りました"であった。いや、その完敗具合を心から楽しんでいたのはこの私だ。
想像通り、しなやかなアシは一般道の荒れた路面でもギャップをいなし、ピップポイントの低い着座位置で路面ギリギリに座っているのにもかかわらず、不快感も、さらには疲労感も感じるモノではなかったし、ぐんにゃりと路面を舐めるようなコーナリングは、確かに交差点を曲がるような低速域でも存分にノーズがスッと入っていくような、荷重移動を楽しめるようなスポーティーさに味付られていた。
ステアリングのレスポンスもクリアなもので、小回りにハンドルを左右に切り返すワインディングロードでのコントローラブルな感じはちょっとカートにも似たフィーリングで思わず笑顔になってしまうほどだ。

HONDA S660 HONDA S660

ただし、やはりウエット路での限界は思った以上に早かった。NEOVA自体のウエットグリップは悪くない。むしろ評価されているものだが、いかんせん乗っかっているのが軽自動車の軽量ボディなところが悩ましい。タイヤに対してのその軽さがアダとなり、わりと早い段階からスリップを始めることがあったのだ。むろんスリップを始めてからのクルマ側の処理は万全だ。VSAががっちりとテールスライドを止め、もとのラインに即座に強制的に戻してくれるから、そんなに運転が上手くない人は滑ったとしても安心だと思う。
しかし、これがおそらく上級者にはモノ足りなく思う結果に繋がるのではないかと思うのだ。
ここまで作り込まれたミッドシップスポーツを、もっと振り回して走りたいと思う上級者ドライバーは多いはずだ。完全に電子制御をOFFに出来るボタンがあってもいいのではないかと感じた。

HONDA S660 HONDA S660

このS660、スポーツモデルということで、純正のアフターパーツもモデューロやMUGENからバカスカ出てくる。モデューロからはスーパーGTに参戦するNSX Concept-GTと同じデザインのホイールや、MUGENではショートストロークのシフトノブなど、"走り心"を掻き立てるアレコレが盛りだくさんなのである。しかしこれだけ電子制御が入ってしまうと、その走り心に水を差す。ちょっともったいないんじゃないかと感じてしまった。

HONDA S660 HONDA S660

そうそう、"走り心"といえば、MTモデルに組み込まれた『Sound Of HONDA(サウンド・オブ・ホンダ)バージョンS660』にも触れておきたい。まだプロトタイプで、今夏の正式リリースに向けて鋭意準備中とのことだが、なんとS660のエキゾーストがマクラーレンホンダ『MP4/5』、『NSX-R』、『シビックタイプR』に変わっちゃう!というアトラクション的機能である。

HONDA

これは純正ナビと専用スマートフォンアプリをUSB経由でコネクトして、クルマのサウンドシステム(スピーカー)から音を流す、というもの。実際のS660のエンジン回転数をデータとして拾って連動させているから、実際にクルマの回転数を変えればサウンドも回転数を変え、なかなかに面白い。スピーカーからサウンドを流すので、もちろん車外で聞けばなんの変化もないが、運転している自分が往年のエキゾーストに酔いながら運転できる、プチ自己陶酔的お遊び機能なのだ。

HONDA S660

残念なことにあまり精度はよくなく、実際の回転数と奇妙にタイムラグがある。これさえ解消すればいいのになと、モータースポーツファンの私は強く思ったのだった。
ちなみに我々が試した3つのエンジンサウンドに加え、今夏の正式リリースの際にはさらにプラスアルファが追加されそう。期待してほしい。
こういう遊び心を果敢にブチ込んでくるあたり、やっぱり最近のホンダは攻めてるのだ。

■ホンダ 公式サイト
http://www.honda.co.jp