カーン・デザイン、「ディフェンダー」をベースにしたカスタム・ピックアップを発表!
ランドローバー「ディフェンダー」は非常にタフなクルマだが、もっとイカしたモデルが欲しいという人には、カーン・デザインのカスタムカーがお薦めだ。ランドローバーを得意とするこの英国のチューナーは、ディフェンダーをベースとした「フライング ハンツマン(天翔る猟師)」シリーズを発表している。今回はその最新モデルをご紹介しよう。

写真の新型「フライング ハンツマン 105 ピックアップ」は、4月26日に英ドニントン・パークで開催されたイベント「グレート・ブリティッシュ・ランドローバー・ショー」で初公開された。3月のジュネーブ・モーターショー 2015でデビューした「フライング ハンツマン 105 ロングノーズ」と「フライング ハンツマン 110 WB 6x6」に続き、このシリーズに加わったモデルだ。ノーズが長くなっている点は前述の2モデルと同様だが、今回のボディ・スタイルは予想されたようなワゴンではなく、2席のキャビンに開放型の荷台を備えたピックアップ・トラックである。

ベース車は「ディフェンダー 90」で、ホイールベースとフロントエンドを15インチ(約380mm)以上延長し、全幅は約6インチ(約150mm)拡大。フェンダー、ホイールアーチ、ヘッドライト、バンパー、グリル、ボンネット、サイドステップが交換され、18インチ・ホイールを装着している。インテリアもアップグレードされており、カスタマイズも可能とのこと。

拡張されたエンジンルームには、シボレーのV8クレート・エンジンを積むのに十分なスペースがあるものの、105ロングノーズ等とは異なり、このピックアップでは比較的手頃な2.2リッター・ディーゼル・エンジンを搭載し、6速オートマチック・トランスミッションを介して4輪を駆動する。そして気になる価格は、税別5万8,875ポンド(約1,070万円)からと、エンジンの割に高めの設定だ。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】フライング ハンツマンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!