Jari-Matti Latvala (FIN), Miikka Anttila (FIN)Volkswagen Polo R WRC (2015)WRC Rally Argentina 2015

フォルクスワーゲンは、「FIA 世界ラリー選手権(通称:WRC)」の 2015 年シーズン第4戦「ラリー・アルゼンチン」において、セバスチャン オジェ選手が17位で完走した。

Related Gallery:volkswagen WRC Rally Argentina

4月23日〜4月26日にかけ開催された「ラリー・アルゼンチン」は、アルゼンチン中部のカルロス・パスを拠点とするグラベルラリー。競技区間は12、SS距離315.96km、総走行距離1735.56kmで行われた。「ラリー・ アルゼンチンは」今回で開催35回目を迎え、歴史ある有名SSのエル・コンドルや50kmを超える長距離SSなど、記念大会にふさわしいルートが設定された。

Jari-Matti Latvala (FIN), Miikka Anttila (FIN)Volkswagen Polo R WRC (2015)WRC Rally Argentina 2015 Andreas Mikkelsen (NOR), Ola Fløene (NOR)Volkswagen Polo R WRC (2015)WRC Rally Argentina 2015

23日の夜、ラリーはサービスパークから約250km離れたメルロという街の市街地SSからスタート。フォルクスワーゲンチームは、オジェ選手が首位を奪い、2番手にライバルと同タイムでミケルセン選手、4番手にラトバラ選手という順調なスタートを切った。 24日のSS2、51.99kmの長距離ステージでオジェ選手がトラブルによりリタイア、午後にはミケルセン選手もトラブルでリタイア。彼らのポロ R WRC はサービスパークに戻され、メカニックたちによる懸命の修復作業によって、完璧に修復。オジェ選手とミケルセン選手は翌日の再出走を果たした。

Jari-Matti Latvala (FIN), Miikka Anttila (FIN)Volkswagen Polo R WRC (2015)WRC Rally Argentina 2015

ひとり上位陣にとどまったラトバラ選手は25日の競技を終えるまで総合3番手を走行、上位を追ったものの、最終日の26日にトラブルでリタイアを喫した。再出走を果たしていたミケルセン選手も最終 SSでクラッシュしリタイア。最終日にふたりのドライバーが戦線離脱するなか、オジェ選手は17位で完走。また、オジェ選手はボーナスポイントが設定された「パワーステージ」で堂々のトップタイムを獲得し、3ポイントを加算した。

■フォルクスワーゲン 公式サイト
http://www.volkswagen.co.jp/ja.html